Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

鷲在山長國寺 

 ←足立区の寺(12) →十番稲荷神社 酉の日限定御朱印
鷲在山長國寺 浅草田圃「酉の寺」
台東区千束3-19-6 電話:03-3872-1667 
最寄駅:日比谷線「入谷」「三ノ輪」徒歩10分、つくばエクスプレス「浅草」徒歩10分
都営バス(日暮里⇔錦糸町路線)竜泉バス停徒歩2分
ホームページ


長国寺酉の市入口




 当山は江戸時代、寛永七年(1630)に石田三成の遺子、大本山長國山鷲山寺(だいほんざんちょうこくざんじゅせんじ)第十三世・日乾上人(にちけんしょうにん)により浅草寺町に開山されました。宗祖を日蓮大聖人とし法華経を依教とする法華宗(本門流)の寺です。山号を鷲在山(じゅざいざん)、寺号を長國寺(ちょうこくじ)と称し、「南無妙法蓮華経」を本尊とします。開山当時より十一月酉の日に大本山鷲山寺の鎮守である鷲見妙見大菩薩(鷲大明神)の出開帳が行われ、多くの参詣者の厚い信仰を集めて門前に市が立つようになり、それが浅草「酉の市」の発端となりました。また鷲山妙見大菩薩は江戸庶民より「おとりさま」と呼び親しまれ、長國寺も浅草田圃「酉の寺」と称されるようになりました。

長國寺は寛文九年(1669)に現在の地、浅草千束に移転。鷲妙見大菩薩は明和八年(1771)に大本山第五十世、長國寺第十三世日玄上人により当山へ移し勧請されます。当時は本堂のほか諸堂を配した大伽藍があり、鷲妙見大菩薩が安置された番神堂は妙見堂、鷲大明神の社、鷲の宮と呼ばれました。

明治初年の神仏分離令により当時は、境内を含め寺と鷲神社とに分割されましたが、鷲妙見大菩薩は現在も長國寺に安置され、十一月酉の日に御開帳の法要が行われています。その後、関東大震災、東京大空襲などで焼失再建を繰り返しながらも、檀家信徒の外護により平成二年に山門、平成四年に本堂を落慶し現在の寺容となりました。

開山より、酉の寺長國寺は歴史の変遷の中、法華経を依教として法燈絶えることなく今日に至っています。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【足立区の寺(12)】へ  【十番稲荷神社 酉の日限定御朱印】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【足立区の寺(12)】へ
  • 【十番稲荷神社 酉の日限定御朱印】へ