Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

御嶽神社

 ←法光山本覚寺  →島根鷲神社
御嶽神社
大田区北嶺町37-20 電話:03-3720-3333 最寄駅:東急池上線「御嶽山」徒歩2分
ホームページ

御嶽神社酉の市社頭


由緒


御祭神    國常立尊(くにとこたちのみこと)
         國狭槌尊(くにさづちのみこと)
         豊斟渟尊(とよくもぬのみこと)

「嶺のおんたけさん」として親しまれている御嶽神社は、天文四年(1535)に創祀されたといわれる。江戸期に入り、文政年間(1818~1830)には木曽御嶽山の修験者一山行者によって、当神社が木曽御嶽大神の示現社であることが明らかにされた。一山は寝食を忘れて神徳の宣揚に努めたために、村民をはじめ関東一円に信者が激増し、天保二年(1831)に現在の社殿を建立。一山行者は木曽御嶽山の祖「覚明行者」、「普寛行者」「一心行者」に次ぐ四番目に高名な行者であった。当時は「嶺の御嶽に三度参拝すれば、木曽御嶽に一度参拝したのと同じ」と言われたそうである。嘉永四年(1851)、一山行者は信者の一人である神田佐久間町見富膳五郎宅でその生涯を終えている。その後、弟子の峯山妙覚行者(女性)が運営を引き継いだ。
明治期に入ると、所謂「神仏分離令」が交付され当時観蔵院住職であった松本一学が神職に転じ御嶽神社宮司に就任。以後講社と神社が分離され二代目松本兵馬、三代目松本徳雄、四代目松本美徳、五代目松本正美、六代目松本美昭、七代目松本現宮司松本淳に至る。
現在は、木曽御嶽山を信仰する講社・信者と氏子地域六区地区(峯町北、鵜の木二丁目、鵜の木三丁目、千鳥南、南久が原一丁目)の両輪によって支えられている。

祭事    歳旦祭 新年初詣
       節分祭 2月3日
       五月祭 5月18日式典(商店街の催事は近日の日曜日)
       木曽御嶽山登拝 8月初旬 
       例大祭 9月第2又は第3土・日曜日(土曜式典、山車・子供御輿・女性御輿。日曜日は本御輿)
       七五三祝祭 11月15日       
       酉の市 11月酉の日
       大祓   12月31日 深夜、新春御餅つき、午前零時から先着2000目に福餅を頒布。


社号標

書家・中島司有氏(本名中島壌治)の揮蒙。田ノ原屋・長久保信勇氏寄贈
中島司有氏 略歴
  NHKを経て、国学院大学文学部教授、宮内庁文書専門員歴任。在任中、日本でただ一人天皇陛下の祐筆を務める。入江侍従長より絶大なる信頼を受け、楷書日本一と謳われた書の大家。平成十四年七月没。

御嶽神社社号標


手水舎
御嶽神社手水舎




拝殿
御嶽神社拝殿


狛犬(右)
御嶽神社狛犬(右)

狛犬(左)
御嶽神社狛犬(左)

本殿
天保二年(1831)木曽御嶽の修験一山によって、木曽御嶽関東第一分社として新築したものである。
御嶽神社本殿(右)背面


本殿の彫刻

本殿の周囲(境内裏手)には、養老の瀧、浦島太郎、司馬温公(しばおんこう)甕割りなど、和漢の故事に因んだ精巧な彫刻が施されている。藤原篤意(ふじわらとくおき)の作。大田区の文化財に指定されている。

御嶽神社本殿彫刻


御嶽神社本殿(左)


杜の霊神水
一山神社の裏手に、一山行者が水行をしていた「杜の霊神水」があります。
御嶽神社杜の霊神水


御嶽神社杜の霊神水1


御嶽神社杜の霊神水2


石碑群

社殿裏手には「霊神の杜」があり、都内では珍しい約三十基の霊神碑群があります。中には幕末三州の一人山岡鉄舟書の碑もあります。

御嶽神社石碑群


水行堂

境内左手に水行堂があります。神社内に水行堂があるのは珍しく、元来木曽御嶽を信仰する行者または信者の身を清める行場として、社殿同時期に建築されたと思われます。入口上部の「竜の雄雌」の見事な彫刻は作者不明。扁額の文字は「源朝臣 康府」の書。竜は水を呼ぶため火伏を意味する。

御嶽神社水行堂


稲荷神社
一山神社の前、延命地蔵の右手奥に稲荷神社が鎮座しています。
御嶽神社境内社1


延命地蔵尊

水行堂の右に安置されています。昭和十三年(1938)七月五日の阪神大水害の折、兵庫県西宮市を流れる夙川の土手にお地蔵様の傍らで数人の女子が助かった。中でもわが子の命を救ってくれたことに感謝した前田氏が、荒れ果てた土手からお地蔵様を引き取った。大田区千鳥町に移住後、前田ハルエさんからお世話を引き継いだ岡町僖子さんより、平成九年(1997)六月、当地に安置された。以来延命地蔵として人々に親しまれています。

御嶽神社延命地蔵尊


一山神社

本殿の左に一山神社が鎮座しています。御祭神は一山(いっさん)霊神。俗名は治兵衛。神奈川県津久井村の出身で、埼玉県与野に移り井原家に婿入りしたが『下化衆生』の本願を叶えようと井原家を離れて同地の円乗院で僧となる。仏門修行の後諸国を行脚し三峯の修験道の道場を訪れ、また覚円峯に行き仙峨の滝で心を清め、木曽駒ケ岳を経て御嶽に入った。一山行者は王滝口より清滝に至り、柴の庵を結び不動滝で寒三十日の水行などをした。ある夜ふと夢を見た。御嶽三社の大神様が現れて『早々下山し世間大衆の苦悩を救え。幸い汝に因縁の地あり、都を去る三里。』と述べた。一山行者は山を降り江戸へ向かう。そして御嶽の神々の教えを広めながら近郷近在を歩いているうちに、武州荏原郡嶺村に来て、御嶽の小社を発見『これぞ木曽御嶽の大神の示現したところ、、、』とこの地に庵を結ぶ。付近の人は一山行者を『偉い行者』と崇め信者も増え、進徳講和、参詣聴聞などを行い確固たる地盤を築くに至った。天保二年(1831)社殿を新築し、布教怠けを続けたが、嘉永四年(1851)十二月二十日、神田見富家の隠宅で没す。行年は定かでない。
   ≪一山御歌≫
        無の上に 浮て楽しむ心こそ 誠の道のたからなりけり

御嶽神社境内社


大鳥神社
社殿の右手に大鳥神社が鎮座しています。11月酉の日には酉の市が行われます。

御嶽神社大鳥神社

酉の市
御嶽神社酉の市熊手屋さん


熊手守
御嶽神社授与所



神楽殿
境内右手に神楽殿があります。
御嶽神社神楽殿




第一社務所
御嶽神社社務所


御朱印
御朱印は第一社務所で頂きました。初穂料は300円を納めました。

201302041153042b2.jpg


大田区の神社御朱印




もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【法光山本覚寺 】へ  【島根鷲神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【法光山本覚寺 】へ
  • 【島根鷲神社】へ