Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

青砥神社

 ←新宿 日枝神社 →澁江白髭神社
青砥神社
葛飾区青戸7-34-30 電話:03-3602-9585 最寄駅:京成「青砥」徒歩15分
ホームページ

青砥神社鳥居


由緒


御祭神    猿田彦命(さるたひこのみこと)
         健御名方命(たけみなかたのみこと)
         宇迦之御霊命(うがのみたまのみこと)
         伊耶那美(いざなみのみこと)
         高皇産霊神(たかむすびのかみ)
         誉田別尊(ほんだわけのみこと)
         菅原の道真公(すがわらのみちざねこう)
         弥都波能売神(みずはのめのかみ)
         青砥藤綱公(あおとふじつなこう)

「万葉集」巻十四の東歌に 『にほどりの葛飾早稲を贄すとも そのかなしきを外に立てめやも』 とありますが、この地は米どころとして葛飾の野に実った早稲の新米を神様に供して新嘗の祭事を営んでいたことが窺えます。また青戸付近は良質粘土の原産地として早くも古墳時代より土器作りを主要とした人々の生活の地でもありました。
このように祭事に深く関わり営まれた信仰の地は葛西御厨(伊勢神宮の神領地)として応年5年(1398)下総国葛西御厨注文(鏑矢伊勢宮方記)に見えています。 その後、幾多の戦や行政の変遷などにも揺らぐことなく受け継がれ、三社明神(稲荷・白髭・諏訪)と称し、この里の鎮守神と崇られた様子が天正丙子年(1576)頃から文献等にみえ、その広大無辺の御神徳はこの里に人々が暮らしはじめてから千有余年変わることなく、今を生きる皆様の上にも遍く日夜加護されております。 明治の御代に入り、詔によって神社の正実を明らかにすることとなり、同五年社名を白髭神社と改称、その後昭和18年9月には旧青戸4丁目鎮座の白山神社を合祀して青砥神社と改め直し、さらに昭和35年旧青戸町内に鎮座せる高木神社・八幡神社・北野神社・葛葉稲荷神社・水神社を合祀申し上げ今日に至っております。 このように悠久の時を経て、当神社は氏子・崇敬者の方々の「こころの故郷」としてこの地にお鎮まりになっておられます。

例大祭    9月9日





もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【新宿 日枝神社】へ  【澁江白髭神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【新宿 日枝神社】へ
  • 【澁江白髭神社】へ