Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

猿江神社

 ←瀧泉寺(目黒不動) →深川神明宮
猿江神社
江東区猿江2-2-17 電話:03-3631-2516 最寄駅:都営新宿線「住吉」A4出口徒歩5分
ホームページ
猿江神社

由緒


御祭神    天照大御神(あまてらすおおみかみ)
       宇迦之御魂命(うがのみたまのみこと)

伝承として昔、康平年間(1058-1065)源頼義が奥州征伐(後三年の役)の頃、この附近の入江に勇々しき戦武士の屍がただよい着き、不思議にも其の屍より毎夜光明を発し村人この屍を丁重に葬る。
武士の鎧に源頼義の臣「猿藤太」と記しあり、又懐中よりありがたき経文一巻がいでたり。よって村人「猿藤太」の頭文字と入江の「江」をとりて、猿江稲荷と尊稱し、近郷近在の守護神となし、村落の敬神の地として仰ぎ奉り、豊作祈願、病気平癒、悪病退散、等のこの地の氏神社として祭り、又それより地名をも猿江村と稱えはじめ現在に至れり。
正に猿江の地名これより発祥せり。
尚、当時、この村落の氏神社である猿江稲荷神社は右末より「天照大御神」「宇迦之御魂神」とを御祭神としていたが武人猿藤太の御霊をも合せ加え、代々お祀り申し上げて参りました。江戸時代は猿江稲荷神社と稱し隣接せる、日蓮宗寺院本覚山妙寿寺の住職が代々守護管理を司っていたが明示以後、近年になり、神保宮司を祭官として招き、合せて村、町の発展と共に町内氏子の者達が、神社の護持運営にあたり現在に引き継がれた次第であります。

例大祭    8月14日

猿江神社鳥居

猿江神社手水舎 
 
猿江神社拝殿 

猿江神社本殿 
藤森稲荷神社
猿江神社藤森稲荷神社
馬頭観音社
猿江神社馬頭観音社 
猿江地名発祥の地碑
猿江地名発祥の地碑
裏参道
猿江神社北参道 
正一位稲荷神社
猿江神社正一位稲荷神社

授与所
猿江神社授与所 
 
御朱印

御朱印は授与所でいただきました。
通常の御朱印1月限定御朱印
猿江神社御朱印猿江神社神社(一月限定)御朱印
初穂料500円



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【瀧泉寺(目黒不動)】へ  【深川神明宮】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【瀧泉寺(目黒不動)】へ
  • 【深川神明宮】へ