Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

簸川神社

 ←正八幡神社 →駒込稲荷神社 根津神社境内社
簸川神社
文京区千石2-10-10 電話:03-3941-6687 最寄駅:丸ノ内線「茗荷谷」、三田線「千石」

簸川神社拝殿

由緒


御祭神   素盞鳴命(すさのおのみこと)
        大己貴命(おおなむぢのみこと)
        稲田姫命(いなだひめのみこと)


 当社御創立は、第五代孝昭天皇御宇三年(473年)と伝えられる古社で、八幡太郎義家公奥州下向の折、参籠ありし社である。当初社は植物園の地、御殿坂辺なる貝塚の古墳上に鎮座しあり、応永二十九年(1422)九月、神主毛利二世伊豫の時、社頭頽廃せるにより造修したることに棟札に明瞭にして、記するに小石川総社氷川明神とあれば、このころ既に大社なりしを知るべしと伝えられる。
 植物園に四代将軍家綱公の弟徳松丸君の邸宅を営むに当たり、当社社地に用地を供す。依って当社は元の原町、現在の白山四丁目二十番の辺りに移転す。当時承応元年(1652)八月のことなり。徳松丸君は後の五代将軍綱吉公なるが、新営の邸宅は人呼んで白山御殿といい、付近の町名は住居表示実施まで白山御殿町であった。景勝地と言われた現在の高台に移転したのは、元禄十二年(1699)であり、すでに三百有余年を経るに至った。
 神社は、創立以来幾星霜、氏子が代々相承け相伝え常に御神徳を仰ぎ奉りつつ祭祀を絶やさず今日に及んだが、中世荒廃した社地社殿を伝通院開山了誉上人が再興されるや一躍有名な社となり、江戸名所のひとつに数えられたことは神社史に特筆されるべきことである。明治二十三年十一月三十日、大正天皇未だ皇太子にあらせられし際、小石川植物園御成の砌、お立ち寄り給い御拝あらせられる。
 氷川神社を社号に永年使用してきたが、大正時代神主毛利十世昌教、社号に疑問を持ち学者に研究を依頼し自らも研究の結果、簸川の字が適号との結論を得て、氏子中に図り、社号を簸川に改めた。(由緒書より)

例大祭   9月9日、10日(9月9日、10日に近い土、日曜日)
簸川神社由緒掲示
社頭
簸川神社参道
参道
簸川神社参道1
一の鳥居
簸川神社鳥居
千川改修記念碑
簸川神社千川改修記念碑
石段
簸川神社石段
二の鳥居
簸川神社二の鳥居
狛犬
簸川神社狛犬(左)簸川神社狛犬(右)
手水舎
平成16年再建
簸川神社手水舎簸川神社手水舎の龍の口
拝殿
 社殿は寛政、享和、嘉永、と三次に亘る増収を経て関東大震災後に修復工事を施し、昭和初期の改築工事で荘厳な社殿となったが、昭和二十年五月二十五日の戦禍を蒙り灰燼に帰した。戦後未曽有宇の荒廃の中にあっても、昭和三十三年社殿の再建を完遂し、平成十六年の手水者の再建を、平成に二十二年に神楽殿の建て替えを遂行し水谷殿と命名する等、氏子崇敬者の不断の奉仕が続けられている。(由緒書より)
簸川神社拝殿
社殿
簸川神社ユリと社殿
社殿(右)
氷川神社社殿(右)
賽銭箱
簸川神社賽銭箱
五社神社
簸川神社境内社
狛犬
簸川神社五社神社狛犬(左)五社神社狛犬(右)
庚申塔
簸川神社石仏
水神社、白宝稲荷
簸川神社境内社1
皇太子行幸記念碑
明治23年11月30日、大正天皇(皇太子の時)が小石川植物園に御成の砌、簸川神社行幸の記念碑。
簸川神社皇太子行幸記念碑
水谷殿(神楽殿)
平成22年神楽殿建て替え、水谷殿(すいこくでん)と命名されました。
簸川神社水谷殿
社務所
簸川神社社務所 
御朱印
簸川神社御朱印簸川神社御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【正八幡神社】へ  【駒込稲荷神社 根津神社境内社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【正八幡神社】へ
  • 【駒込稲荷神社 根津神社境内社】へ