Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

広尾稲荷神社

 ←神道大教院 →天祖神社龍土神明宮
広尾稲荷神社
港区南麻布4-5-61 電話:03-3444-3467 最寄駅:日比谷線「広尾」1番出口

廣尾稲荷神社拝殿


由緒


御祭神   倉稲魂之命(うかのみたまのみこと)

 徳川2代将軍徳川秀忠が、鹿長年間に鷹狩りのさい、勧請した稲荷といわれる。そして当時、麻布宮村町にあった法隆山千蔵寺が別当であったため千蔵寺稲荷とも呼ばれていて、現在も鳥居には「法隆山佑道代」の銘が入っている。
鎮守の稲荷(広尾稲荷)は御花畑御殿(麻布御殿)の御用地として召し上げられた。しかし元禄11年(1698年)3月28日この御殿が落成した日から、毎夜どこからともなく多くの小石が飛んできたり、神楽を奏する音が聞こえたりして番人たちが不思議に思い土地の元の主、 三枝摂津守の家中の者に尋ねたところ「この地に古くからある稲荷を屋敷内に移したら変わった事が多くあったので、元の場所に返したら収まった。」との事だったので早速御殿の鎮守として勧請し信仰されたといわれる。昔は富士見稲荷、千蔵稲荷と呼ばれていたが、 明治初期に広尾稲荷神社と改め、明治42年2月22日広尾神社の社号を許された。旧社殿は青山の大火で焼失してしまったが、弘化4年(1847年)神明造りの拝殿と土蔵造の社殿が再建された。その後大正12年の震災で破損し再築され現在に至り、祭神は倉稲魂之命で五穀豊穣、火伏の神として信仰されている。拝殿の天井には日本洋画界の先駆者の日本画の最後の大作とされる龍の絵がある。


例大祭   9月15日




もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【神道大教院】へ  【天祖神社龍土神明宮】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【神道大教院】へ
  • 【天祖神社龍土神明宮】へ