Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

「○○ゆかりの寺社」
○○ゆかりの神社

樋口一葉ゆかりの神社 千束稲荷神社

 ←秋葉神社 秋葉原の地名のもととなった神社  →腰掛稲荷神社の菊花石
樋口一葉ゆかりの神社 千束稲荷神社
台東区竜泉2-19-3 電話:03-3872-5966 最寄駅:日比谷線「三ノ輪」、 都営荒川線「三ノ輪橋」
ホームページ


千束稲荷神社鳥居

由緒


御祭神   倉稲御魂命(うかのみたまのみこと)
        素盞雄之命(すさのおのみこと)

江戸時代初期の創建と伝えられている。当時は浅草一帯を千束郷と称し南北に稲荷社が信仰され、当社は北の稲荷社であった。1670年竜泉寺村が形成されて以来村の氏神様となる。二月の二の午の初午祭には百灯余りの地口絵の行灯を飾ります。
樋口一葉は明治26年7月に、千束稲荷神社の鎮座する、龍泉寺町に越して十ヶ月余りを過ごしたと云われています。その当時の生活や、町の様相を日記に書き「たけくらべ」に描きました。明治26~7年の千束稲荷神社の祭礼が舞台となり、子供達が遊んだ神社とし有名です。

例大祭   5月21日

初午祭   2月二の午の日

夏詣    7月1日~7日

拝殿

千束稲荷神社拝殿
社号額
千束稲荷神社社号額

千束稲荷神社たけくらべゆかりの看板
樋口一葉像
境内には樋口一葉の胸像が有ります。正面碑文に樋口一葉が明治26年8月19日に書いた文が刻まれています。
「明日は鎮守なる千束神社の大祭なり 今歳は殊ににぎわしく 山車なども引出るとて人々さわぐ 樋口 夏」
樋口一葉像

樋口一葉胸像
御神木
千束稲荷神社御神木と拝殿
初午祭の様子
千束稲荷神社初午祭鳥居の行燈
地口行灯
千束稲荷神社初午祭行燈新聞かんぶん千束稲荷神社行燈狸の天婦羅
例大祭の様子
千束稲荷神社例大祭津軽三味線と狐舞
お囃子
千束稲荷神社例大祭お囃子  
御神輿
千束稲荷神社神輿
授与所
拝殿の右手に授与所があります。御朱印は授与所でいただきました。
千束稲荷神社社務所授与所
御朱印
 授与所で御朱印を頂きました。御朱印帳の前のページ吉原神社の御朱印が有ることに気づいて、吉原神社でよく御朱印が貰えましたねと感心されました。その時は知らなかったことで、吉原神社の授与所は正月の8日までの対応でそのほかの日についてはこちら(千束稲荷神社)で対応されるそうです。
通常初午祭(二月二の午の日)夏詣(7/1~7)
千束稲荷神社御朱印千束稲荷神社御朱印千束稲荷神社夏詣御朱印



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 神社御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png 神事
総もくじ 3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【秋葉神社 秋葉原の地名のもととなった神社 】へ  【腰掛稲荷神社の菊花石】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【秋葉神社 秋葉原の地名のもととなった神社 】へ
  • 【腰掛稲荷神社の菊花石】へ