Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

赤坂山王日枝神社

 ←品川神社 →横浜井土ヶ谷住吉神社
山王日枝神社
千代田区永田町2-10-5 電話:03-3581-2471
最寄駅:有楽町線・半蔵門線・南北線「永田町」、丸の内線・銀座線「赤坂見附」、千代田線「赤坂」南北線「溜池山王」 他
ホームページ

由緒
赤坂日枝神社由緒書


御祭神   大山咋神(おほやまくひのかみ)   

例大祭   6月15日(山王祭り

 日枝神社は、鎌倉時代初期に秩父重継がその居館のうちに奉祀した山王宮に始まる。文明年間(1469~86)には太田道灌公が江戸城築城にあたり川越山王社を勧請、天正十八年(1590)、徳川家康公が江戸城を居城とするや、城内紅葉山の地に新社殿を造営した。二代将軍徳川秀忠の江戸城大改築の際には半蔵門外、現在の国立劇場付近に遷座したが、明暦三年(1657)、江戸を襲った大火「振袖火事」のため溜池を望む景勝の地、星ヶ岡に遷座し現在に至る。当時歴代将軍世嗣の社参絶えることなく、その都度神馬・太刀等を献じた。明治維新の東京奠都によって江戸城は皇居となり、日枝神社は皇城鎮護の神として、皇室の御崇敬誠に篤く、大正天皇御即位の当日官幣大社の極位に列せられた。
 諸環二十年五月、空襲により国宝の御社殿を始め、境内の建物は山王稲荷神社を残し悉く灰燼に帰したが、氏子崇敬者の赤請により「昭和御造営」がなされ昭和三十三年、御本殿以下の建物が完成、山王台上に再び代謝の威容を排するに至る。(由緒書より)
 近年、日枝神社は東京有数のパワースポットとしても知られ、皇居の裏鬼門を御護りする強大な御神徳にあやかろう方位除けは言うに及ばず縁結び・子授け・安産を祈る人々が後を絶ちません。
境内図
赤坂日枝神社境内図
溜池側山王鳥居
山王日枝神社溜池鳥居
参道のエスカレーター
赤坂日枝神社参道のエスカレーター1赤坂日枝神社参道のエスカレーター2
TBSの社屋がみえます。 
赤坂日枝神社山王鳥居とビックハット
男坂
赤坂日枝神社男坂の山王鳥居
男坂の石段を登ると隋神門があります。
赤坂日枝神社男坂
丸の内線・銀座線「赤坂見附」から進んでくると左手に山王鳥居があります。
赤坂日枝神社山王鳥居 
狛犬
赤坂日枝神社稲荷坂山王鳥居狛犬(左)赤坂日枝神社狛犬(右)
左に進むと稲荷坂へ、右へ進むと女坂へ出ます。
赤坂日枝神社灯籠と社号標 
女坂
赤坂日枝神社女坂
稲荷坂
赤坂日枝神社稲荷坂
稲荷坂の千本鳥居
赤坂日枝神社稲荷坂千本鳥居 
山王稲荷神社鳥居
赤坂日枝神社山王稲荷神社鳥居
隋神門
男坂を登ると隋神門に出ます。

赤坂日枝神社神門
神像
赤坂日枝神社隋神(吽形像)赤坂日枝神社隋神像(阿形像)
手水舎
赤坂日枝神社絵水舎
隋神門裏側
赤坂日枝神社隋神門(裏)
赤坂日枝神社隋神門の神猿(左)赤坂日枝神社隋神門の神猿(右)
扁額
赤坂日枝神社皇城之鎮扁額 
拝殿
赤坂日枝神社拝殿
銅製燈籠(千代田区指定有形文化財)
 この燈籠の竿部分には「金燈籠両基」・「日吉山王大権現寶前」・「万治弐己亥祀四月晦日」・「御佛具師銅意法橋」・「同子渡辺近江大掾源正次」との印刻銘文があります。基壇にも「昭和二十八年十一月吉祥日 一之鳥居復興会」・「日枝神社葵会」・「再築寄進」という石板があります。燈籠は高さ二メートル五十七センチ余、直径は一メートル八十三センチ余、八角形をしており、基壇は安山岩を八角形に組んだものが三段に積まれています。
 銘文から燈籠は幕府御用達を勤める鋳物師渡辺銅意・正次父子の鋳造したものであり、万治二年(1659)四月晦日に奉納されています。山王社(日枝神社)は明暦三年(1657)正月の火事で被災し、麹町元山王(隼町)からこの場所に新しい社地を拝領して造営されています。江戸幕府四代将軍徳川家綱の時代の出来事をまとめた「厳有院御実紀」によれば、万治二年四月晦日には造営が無事終了したことを祝う法事が、幕府により執り行われています。奉納者は銘文にはみられませんが、四代将軍家綱と考えられます。
 燈籠は、大正十三年(1923)九月の関東大震災で倒壊しています。昭和二十年(1945)五月には、空襲で神社境内のほとんどが焼失しています。その後、昭和二十八年(1953)十一月に一之鳥居復興会・日枝神社葵会によって、燈籠は再興されて現在に至っています。この燈籠は、区内に現存する数少ない江戸時代初期の工芸品であり、徳川将軍家により奉納されたという点で、千代田区の歴史を考える上で重要なものといえます。(千代田区教育委員会)
 赤坂日枝神社灯籠(左)赤坂日枝神社灯籠(右)
神猿像
拝殿の前に、神猿像があります。猿は日枝大神の使いと言われ、厄除け・魔除け、夫婦円満などを願う人々が像を撫でながら一心に祈ります。
赤坂日枝神社狛猿(左)赤坂日枝神社狛猿(右)

赤坂日枝神社拝殿(左)赤坂日枝神社狛猿と社殿
拝殿内
赤坂日枝神社拝殿内
本殿
山王日枝神社本殿
山王夢御殿
拝殿の右隣に山王夢御殿があります。
山王日枝神社山王夢御殿
境内社
赤坂日枝神社境内社
狛犬
日枝神社の境内社、山王稲荷神社の本殿と、八坂神社・猿田彦神社両者を合祀した本殿の前に、一対の石製狛犬があります。幅55cmほど、高さは70cmほど、台座部分を含めても大人の背くらいの高さです。像の台座には「奉献」「文政三庚辰年六月吉日」「南伝馬町三町目」「家主中」などと陰刻の銘文があり、向かって右側の像には「植草重左衛門」他十名と、「地形方抱三衛門」「石工新川勘兵衛」などの名前が、また同様に向かって左側の像には「亀田左兵衛」他十一名の名前が見られます。この他に左側の像の中台石外側の側面には「明治三十四年九月 自(より)神田神社境内に鎮座していた南伝馬町三ヶ町」などと年代の異なる銘文も刻まれています。以上のことからこの狛犬はもともと文政三年(1820)に、当時神田明神社境内に鎮座していた南伝馬町天王社に奉納されたものであることがわかります。しかしその後、明治十八年(1885)二月十三日未明に神田神社周辺で起きた火災により天王社本殿その他が焼失した後、南伝馬町の氏子たちは新たに日枝神社境内に鎮守として祇園社を勧請しました。その時点では、おそらくこの狛犬は未だ神田神社境内に現存していたのであり十六年の後の明治三十四年(1901)に石製灯籠などその他の南伝馬町天王社に由来する旧来の石造物と共に日枝神社境内に移転、再設置されたと思われます。子の狛犬は、千代田区内に現存する狛犬としては、すでに文化財指定した二例【平河天満宮狛犬=享和元年(1801)、再建嘉永五年(1852)】築土神社狛犬=安永九年(1780)】と同様、江戸時代の銘文を持つものであり、区内においては貴重な文化財です。そして、江戸時代から明治時代にかけての人々の信仰の一端、特に日枝神社及びその境内社である八坂神社と神社周辺の人々や南伝馬町の人々との関わりを、私たちに語りかけてくれているのです。(千代田区教育委員会掲示)

赤坂日枝神社八坂神社猿田彦神社社殿(右)
赤坂日枝神社境内社狛犬(左)赤坂日枝神社境内社狛犬(右)
八坂神社・猿田彦神社
赤坂日枝神社八坂神社猿田彦神社社殿
庚申祭
60日毎の庚申の日に猿田彦神社庚申祭が行われます。庚申の日限定で猿田彦神社の御朱印が授与されます。
赤坂日枝神社庚申祭社殿前赤坂日枝神社庚申祭お神酒-2
八坂神社例祭
6月7日八坂神社例祭が行われます。八坂神社の御朱印が授与されます。
赤坂日枝神社八坂神社例祭奉納舞1赤坂日枝神社八坂神社例祭1
山王稲荷神社
赤坂日枝神社山王稲荷神社社殿
山王稲荷神社例祭
4月30日に山王稲荷神社例祭が行われます。山王稲荷神社の御朱印が授与されます。
山王稲荷神社例大祭式典  
宝物殿
江戸城内御鎮座五百年を記念して、昭和五十三年に造営された、宝物殿には歴代将軍奉納の太刀を始め数多くの宝物が収蔵されています。
赤坂日枝神社宝物殿  
藤棚
拝殿の右前に藤棚があります。 
赤坂日枝神社藤棚赤坂日枝神社藤棚と拝殿
絵馬掛け
赤坂山王日枝神社絵馬掛け
絵馬
赤坂日枝神社絵馬1赤坂日枝神社絵馬2赤坂日枝神社絵馬3
赤坂日枝神社絵馬4赤坂日枝神社絵馬5赤坂日枝神社絵馬6
赤坂日枝神社絵馬7赤坂日枝神社絵馬8
山王祭
赤坂日枝神社の山王祭は例祭が6月15日、本祭りは二年に一度、神幸祭は6月15日前の金曜日にに行われます。
赤坂日枝神社山王祭チラシ赤坂日枝神社山王祭神幸祭渡御図
日枝神社山王祭神幸祭巫女日枝神社山王祭神幸祭宮神輿
日枝神社山王祭神幸祭干支山車日枝神社山王祭神幸祭花山車
日枝神社山王祭神幸祭舞姫日枝神社山王祭神幸祭鳳輦
社務所
山王日枝神社社務所 
御朱印所
赤坂日枝神社御朱印所の列
御朱印帳
官幣大社列格100年記念御朱印帳ビニールカバー付き御朱印初穂料込1000円
赤坂日枝神社御朱印帳
猿田彦神社御朱印帳
庚申の日限定で授与されます。サイズは16cm×11cm。初穂料は御朱印込みで1000円です。
赤坂日枝神社猿田彦神社御朱印帳
御朱印
御朱印は社務所受付でいただきました。 初穂料はいずれも500円です。
猿田彦神社
赤坂日枝神社御朱印赤坂日枝神社猿田彦神社御朱印
庚申祭で拝受
山王稲荷神社八坂神社
山王稲荷神社御朱印赤坂日枝神社八坂神社御朱印
山王稲荷神社例祭で拝受八坂神社例祭で拝受
参拝記念品
御朱印を拝受すると参拝記念の栞と木札根付がひとついただけます。
赤坂日枝神社参拝記念品赤坂日枝神社参拝記念木札お守りと栞
赤坂日枝神社参拝の栞2赤坂日枝神社参拝記念の栞1
千代田区の神社朱印
 東京十社巡り 期間限定の御朱印 御朱印帳


官幣大社列格100年記念御朱印帳の画像をアップしました。 2015/3/14
画像と末社猿田彦神社の御朱印を追加しました。 2016/2/8
画像を追加、末社山王稲荷神社の御朱印をアップしました。
八坂神社の例祭に画像と、八坂神社御朱印をアップしました。2016/6/8

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【品川神社】へ  【横浜井土ヶ谷住吉神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【品川神社】へ
  • 【横浜井土ヶ谷住吉神社】へ