Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

日枝大神社

 ←大師稲荷神社 →根津神社
日枝大神社
川崎市川崎区小田2-14-7 電話:044-333-1046 最寄駅:JR南武線「川崎新町」

由緒


 日枝大神社は人皇六十二代村上天皇の御世天暦二年三月中日、京都比叡山坂本山王権現(日吉神社)の御分霊を勧請したもので、山王権現と号し、比叡宮(ひえいのみや)と称しました。始めは村(小田村)の西隅に社殿がありましたが、いつの頃から村の中央現今の所に遷座されたといわれます。旧跡地には有名な銀杏の神木があって、大正の時代まで残っていたということですが、今はありません。
 旧幕(江戸幕府)の頃、御朱印地十石があって、隣村下新田村(現在浅田町)、須賀沢村(現在鶴見区菅沢町)等の総鎮守でした。例大祭は四月中の申の日、神輿渡御の祭は村内旧家十二人がいずれも馬に乗り、警固供奉(けいごぐぶ)(警戒しお供をする。)して村内(三ヶ村)を巡行しました。その行列はすこぶる古風を極めたものといわれます。
 王政維新(明治)まで真言宗円能院(前の寺)が別当職でした。明治六年十二月に村社になり社号も日枝大神社と改められ、例大祭も五月十五日と定められました。

 明治四十二年、無格社浅間神社、杉山神社、新明社、下新田稲荷社等を合祀しました。 
 大正十年四月四日、神饌幣帛料供進神社に指定されました。
 昭和二十年四月十五日夜半、太平洋戦争の戦禍にかかり氏子の九割と供に大空襲の下で一夜にして焼失してしまいました。
 昭和二十四年五月十四日、本殿を再建して、昭和二十五年には仮の拝殿と仮の社務所を建てて、昭和二十七年五月十四日に神楽殿を再建しました。
 昭和三十一年四月十五日、現在の御社殿が完成されて、五月十八日、十九日奉祝祭を行ってお祝いいたしました。
 昭和三十七年四月十五日、社務所が完成されました。昭和四十五年二月七日(初午の日)夜半心無い者のいたずらから神楽殿を全焼いたしましたが、同年五月十五日に再建いたしました。
 昭和五十年より、神社整備の一環として授与所(札所)建立。ついで昭和五十三年御由緒掲載処を設置。
 昭和五十七年四月十五日、氏子の御奉賛により宮神輿並びに神輿庫を再建され翌五月大祭当日、宮神輿渡御全氏子地域を巡行、四十年振りの祭事とあって氏子民の熱狂的歓迎を受け、盛況裡に行われた。
 平成三年三月三十一日、現参集殿兼社務所を氏子中の御奉賛並びに神社拠出金により完成され、盛大に竣工式典が執り行われました。(日枝大神社しおりより)

川崎新町日枝神社大神由緒書

社頭
川崎新町日枝大神社頭


手水舎
川崎新町日枝大神手水舎


手水石
日枝大神社に現存する最古のもの、享保十九年甲寅(1734年)奉納。
川崎新町日枝大神手水石


拝殿
川崎新町日枝大神社拝殿


本殿
川崎新町日枝大神本殿


境内社
川崎新町日枝大神境内社

神楽殿
川崎新町日枝大神神楽殿


社務所・授与所
川崎新町日枝大神社授与所


日枝大神社動画
2014.4.13撮影。


御朱印
御朱印を授与所でいただきました。初穂料は頂いていないそうで、お賽銭にしました。

日枝大神社御朱印



神奈川県の神社御朱印


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【大師稲荷神社】へ  【根津神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大師稲荷神社】へ
  • 【根津神社】へ