Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

矢向日枝神社

 ←天満神社 →女躰神社
矢向日枝神社
横浜市鶴見区矢向4-16-8 電話:045-571-4697 最寄駅:JR南武線「尻手」

由緒

 御祭神 主祭神 大山咋命(おおやまくいのみこと)
 近江の国(滋賀県)比叡山に鎮まりまして地主神と言われ、建速須佐之男命(たけはやすさのうのみこと)の御孫に当たり、大歳神(おおとしのかみ)の御子神であり、またの名を山末之大主神(やますえのおおぬしかみ)と申し。山・水を司り大地を支配し万物の成長発展・産業万般の生成化育を守護とする神

 例大祭 十月吉日(旧時 六月十四日・十五日)

 当神社は、滋賀県大津の日吉神社の御分霊を完成してもので、山王大権現、山王社等と称され、寛永十五年の創立と云い、古くは、矢向村、市場村、江ヶ崎村、越塚村、古川村、下平間村、上平間村の七ヶ村の鎮守であった。棟札によると、寛永十五年、寛文三年、享保十年、天明二年、文化七年等の各時代に造営が行われ、各時代に亘って七ヶ村の造立す處とされていたが、天保の末に至って各村は分離し、当神社は、矢向一村の鎮守となったのである。その後、徳川氏に至っては若干の社地を寄進せられてかん神田耕地と称する所があったと云われるが、これが当神社の領地であったらしい。
 往時、鶴見川、六郷川の氾濫でたびたび社殿は破損したこともあったが、天保十四年に再建し、明治六年、村社に列せられ、山王社を改めて日枝神社と改称し、同四十二年十二月一日、無格社十二柱、新明社、稲荷社の三社を合併の上、大正十一年十月六日、神饌幣帛料供進社(国または市町村から産物を献納する)に指定された。
 その後、昭和二十一年八月に宗教法人となり、昭和三十二年八月に氏子の赤誠によって、御社殿の改修が行われ、平成十四年には宮神輿身長と境内整備が行われた。(由緒書より)
 平成二十六年四月現在、社殿の改修工事中(拝殿は六月に完成予定、本殿は平成二十七年六月完成予定)

矢向日枝神社由緒書


社頭

矢向日枝神社鳥居


拝殿
拝殿は改修中でした。

矢向日枝神社拝殿


仮拝殿

矢向日枝神社仮拝殿


本殿

矢向日枝神社本殿


矢向日枝神社神楽殿


社務所

矢向日枝神社社務所

矢向日枝神社の動画
2014.4.6撮影。日枝神社を動画でご覧いただけます。



御朱印
御朱印は社務所でいただきました。初穂料は300円を収めました。

矢向日枝神社御朱印 




神奈川県の神社御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【天満神社】へ  【女躰神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【天満神社】へ
  • 【女躰神社】へ