Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

永谷天満宮

 ←日枝大神 →八幡橋八幡神社(不思議な球体がある)
永谷天満宮
至誠・学問の神 「和魂漢才」の精神 日本三躰
横浜市港南区上永谷5-1-5 電話:045-844-7244 最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン「上永谷」より徒歩5分
ホームページ


由緒

 相模国永谷郷(現上永谷ほか)鎮座の天満宮大自在天神の祭神である菅原道真公は、第六十代醍醐天皇の昌泰二年(899)右大臣正三位に加え右大将にも任ぜられた。道真公は、昌泰四年(901)年正月七日に従二位に叙せられたが、その月二十五日に筑紫の大宰府に員外帥(定員外の役人)という役人に左遷された。道真公は、大宰府に着任した翌年、鏡に向かって自ら自分の姿を三躰の木造に彫刻した。一躰は秀才淳茂に一躰は筑紫(福岡県)大宰府安楽寺に、残る一躰は河内国(大阪府)土師村道明寺に安置された。
 菅原道真公は、延喜三年(903)二月二十五日、大宰府において五十九歳で薨じている。
 五男淳茂は、はじめ播磨国(兵庫県)には配流となったが、のち関東に下流して永谷郷の下の坊に居を構えて、道真公自刻の尊像を奉祀して、朝夕崇拝したのが、永谷天満宮の嚆矢であるといわれている。その後、御神躰は菅原文時、藤原道長、上杉金吾らに伝わり明応二年(1493)二月或る夜、相模八ヶ郷の領主上杉刑部大夫藤原乗国が、永谷の居城にあって霊夢を見て、天満宮の社殿を造営し、御神躰を安置し奉った。天文十二年(1543)に宅間伊織藤原綱頼が社殿を修造し、天正十年(1582)に宅間規富は宮社を再築している。
 明治六年、村社となった永谷天満宮は明治四十四面三十日に神饌幣帛料供進神社に指定された。
 御創建から五百余年、現在も多くの参拝者に親しまれ、霊験あらたかに私たちを見守り続けている。(由緒書より)

永谷天満宮由緒書


鳥居

永谷天満宮鳥居


参道

永谷天満宮参道


永谷天満宮境内末社
参道の右手に末社が鎮座しています。

永谷天満宮末社


拝殿

永谷天満宮拝殿


神楽殿
参道の左手に神楽殿があります。

永谷天満宮神楽殿


授与所
神楽殿の右に授与所があります。

永谷天満宮授与所


御朱印
御朱印は授与所で頂きました。初穂料は300円を納めました。

永谷天満宮御朱印



神奈川県の神社御朱印


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【日枝大神】へ  【八幡橋八幡神社(不思議な球体がある)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【日枝大神】へ
  • 【八幡橋八幡神社(不思議な球体がある)】へ