Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

チョット珍しい物がある神社

お三の宮日枝神社

 ←亀戸天神社 →高田天満宮
お三の宮日枝神社
横浜開拓の守護神 関外総鎮守
横浜市南区山王町5-32 電話:045-261-6902 最寄駅:横浜市営地下鉄ブルーライン「吉野町」
ホームページ

 日枝神社は、古くは山王社・山王大権現・山王宮と称せられましたが、今では「お三の宮」「お三さま」と広く親しまれ、崇め称えられています。これは、山王宮→山の宮→おさんの宮と転訛したこと、更には≪お三の人柱伝説≫を付会して「お三の宮」と書かれ呼ばれるに至りました。

御神徳

 大山咋命 「咋」は「主」という意味で、大山の主であると共に山・水を司り、武道の祖神、酒造の守護神と崇められ、大地を支配し、万物の成長発展・産業万般の生成化育を守護し給う御神徳は広大無辺です。
 また「おさん」から、お産(安産)の神・子供の成長の神としても広く知られています。
 宇迦之御魂命は、五穀豊穣の神・商売繁盛の守り神として、稲荷神社として祀られました。(昭和五十二年日枝神社に合わせ祀られました)

由緒

 現在の横浜市の中心部、中区と南区に亘る大岡川と中村川、それおあらJR京浜東北・根岸線からお三の宮所在地まで(関外地区)の広い範囲は、釣鐘の形をした入海でしたが、今からおよそ三百五十年前に江戸幕府並びに諸大名の御用達として広く石材木材商を営んでいた吉田勘兵衛良信という商人が、この入海を埋め立て新田を築きました。(吉田新田)
この大工事は、明暦二年七月十七日に鍬入れをしましたが、翌年の五月十日より十三日に亘る集中豪雨の為に失敗に終わります。しかし、万治二年二月十一日に再度試みて、寛文七年、十一年余りの歳月と八千三十両の巨費により、市内最古で最大規模(およそ三十五万坪)を誇る新田開発を成し遂げることが出来たのです。
 そこで勘兵衛は、新田の要処である大岡川と中村川の分岐点に、寛文十三年(1673)九月、新田の鎮守として、新田住民の安寧幸福や五穀豊穣を祈り、江戸の山王社(今の旧官幣大社日枝神社)より勧請し、山王社と合わせて稲荷社を創建したのであります。この御由緒により『横浜開拓の守護神』として、氏子をはじめ横浜の普く人々に御崇敬を頂いているのです。


お三の人柱伝説

 吉田新田埋め立ての最初の工事(明暦二年)は、大雨による川の氾濫により失敗に終わりました。そこで勘兵衛は、再度の埋め立て工事の成功を成就するために身延山に参ったところ、訳あって夫の仇を討ちたいと諸国を流浪していた「お三」という女性にめぐり合いました。勘兵衛は、私の家に暫く身を寄せて時期を待つよう促し、家族の一員として迎えるに至りました。こうした機縁で、お三は勘兵衛家に仕えることとなりました。
 再度の埋め立て開始が決まった万治二年のある日、お三は勘兵衛に向かい、「今度の事業は容易ではないと思います。神仏を深く帰依なさる旦那様には、必ずやご加護があることと信じますが、古来人柱を建てるとその験があると聞き及んでいます。」と日頃のご恩に報いるのはこの時と、自ら人柱になりたいと申し出ました。勘兵衛はお三の祝勝な心がけを喜び感謝しながらも、人命の尊さを説いて押しとめたがお三は聞き入れなかったといいます。
 同年九月十三日、波打ち際(現神社裏)より白衣に身を包んだお三は、合掌して天を仰ぎ大海に身を投じ、埋め立ての大事業完遂の人柱となったとのことです。このように難行を続けた工事も、お三の人柱によって成し遂げることが出来たのであります。(由緒書より)

お三の宮秋祭り 九月中旬敬老の日前の金土日に行われます。(神奈川の祭り50選にも選ばれています。)


由緒書

お三の宮日枝神社由緒書

鳥居

お三の宮日枝神社鳥居


狛犬(右)

お三の宮日枝神社狛犬(右)


狛犬(左)
お三の宮日枝神社狛犬(左)

拝殿

お三の宮日枝神社拝殿


社号顎

お三の宮日枝神社社号額

本殿

お三の宮日枝神社本殿

招魂社
鳥居をくぐると右手に招魂社ががあります。

お三の宮日枝神社招魂社


神楽殿
拝殿の左に神楽殿があります。
お三の宮日枝神社神楽殿

灯籠

鳥居をくぐって左に東日本大震災で倒壊した石灯籠があります。併設する日枝幼稚園の降園時間に震災があり、大勢の園児や迎えの車がいた中、狭い範囲に灯籠が倒れ、けが人が出ませんでした。神様の御加護で安全なところに倒れ難から救ったと日々灯籠を拝む人が絶えません。この御利益によって「苦難除けの石灯籠」「除災招福の石灯籠」と呼ばれています。

除災の石灯籠


苦難除けの石灯籠

創建当時の手水鉢
灯籠と並んで創建当時の手水鉢があります。延宝二甲寅年九月吉祥十四日と刻まれています。
お三の宮日枝神社手水鉢

末社堰神社
お三の宮日枝神社社殿の裏側に末社の咳の神様、堰神社が鎮座しています。
堰神社社頭

堰神社の社の左前に、こんなものがありました。
堰神社道祖神2

堰神社道祖神1

授与所
境内右手に授与所があります。

お三の宮日枝神社授与所 

お三の宮日枝神社動画2014.3.19撮影



御朱印
御朱印は授与所でいただきました。

お三の宮日枝神社御朱印


神奈川県の神社御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【亀戸天神社】へ  【高田天満宮】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【亀戸天神社】へ
  • 【高田天満宮】へ