Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

冨塚八幡宮

 ←一之宮貫前神社 →日枝大神
冨塚八幡宮
横浜市戸塚区戸塚町3827番地 電話:045-871-2908 最寄駅:JRほか「戸塚」
ホームページ
由緒

冨塚八幡宮由緒掲示

 御祭神  誉田別命(応神天皇) 厄除開運、学問の守護神、商い工業の守護神
      富属彦命       社伝によると、相模国造弟武彦の二世の孫で境内山頂の古墳がその墓とされています。この塚を冨塚と称し、やがて「とづか」となり、現在の「戸塚」となりました。戸塚の産土神(その土地に住む人々の守護神)して崇敬されています。 

 平安時代の康平五年、「前九年の役」の平定のため、源頼義、義家が奥州に下る途中、富塚の森に露営したおり、霊夢にて応神天皇および富属彦命二柱の大神の御託宣(お告げ)をこうむり、その加護によって戦功を立てられたのに感謝して、延久四年(西暦1072年)冨塚山中腹に社殿を造り両御祭神をおまつりしました。
 その後、鎌倉厳五郎影政の家臣である土地の武将、戸塚修六郎友晴が祈願するところ、その後利益が大きいため深く当神社を信仰し、応徳三年に社殿を再建しました。
 明治六年にはその由緒を持って、戸塚・泉・栄・瀬谷区内唯一の郷社(近郷を鎮守する神社)に列せられました。現存する本殿は天保十一年、拝殿は昭和九年、氏子等が奉献。昭和四十二年には下拝殿を建てて大神輿を安置しました。昭和四十七年には御鎮座九百年を迎え、戸塚をあげて九百年式年大祭を行いました。(由緒書より)


鳥居
冨塚八幡宮鳥居

拝殿
冨塚八幡宮拝殿

本殿
富塚八幡宮本殿

下拝殿
下拝殿に納められている大神輿は、天保十四年作成の神輿で、平成元年より二年かけて大修理を行いました。

冨塚八幡宮下拝殿

正一位玉守稲荷社
冨塚八幡宮御鎮座の夜、白狐が集まって神様を敬ったため、社殿を建てて稲荷大明神をおまつりしたと伝えられています。

冨塚八幡宮稲荷神社

芭蕉の句碑

石段の左に芭蕉の句碑があります。「鎌倉を生きて出てけむ初松魚」の芭蕉の句碑が嘉永二年、当地の俳人達によって建てられています。


冨塚八幡宮句碑


社務所
鳥居をくぐって右手に社務所があります。
冨塚八幡宮社務所


冨塚八幡神社動画
2014.3.19に撮影



御朱印
御朱印は社務所でいただきました。



神奈川県の神社御朱印 



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【一之宮貫前神社】へ  【日枝大神】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【一之宮貫前神社】へ
  • 【日枝大神】へ