Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

御利益

東京大神宮(縁結び・日本で最初の神前結婚式を行った神社)

 ←吉祥院 →赤塚諏訪神社
東京大神宮
千代田区富士見2-4-1 電話:03-3262-3566 最寄駅:JR中央総武線・東西線・有楽町線・大江戸線「飯田橋」
ホームページ

由緒

東京大神宮由緒書


 江戸時代、伊勢神宮への参拝は人々の生涯かけての願いでした。明治の新国家が誕生すると、明治天皇のご裁断を仰ぎ、東京における伊勢神宮の遙拝殿として明治十三年に創建された当社は、最初日比谷の地に鎮座していたことから、世に「日比谷大神宮」と称されていました。関東大震災後の昭和三年に現在地に移ってからは「飯田橋大神宮」と呼ばれ、戦後は社名を東京大神宮と改め今日に至っております。現在広く行われている神前結婚式は当社の創始によるものであり、今も神前において伝統的な結婚の儀式を伝えております。
 東京大神宮は「東京のお伊勢さま」と称され親しまれていますが、伊勢両宮(内宮と外宮)の御祭神である天照皇大神と豐受大神さらに倭比賣命を奉斎していることによります。また、天地万物の生成化育つまり結びつきの働きを司る造化の三神が併せ祀られていることから、近年縁結びの神社としても知られ、良縁を願う若い人たちの御参拝も年々多くなっているなど、その御神徳は実に広大無辺なものがあります。(由緒書より)


鳥居

東京大神宮鳥居


由緒掲示
大鳥居をくぐると左に由緒掲示があります。

東京大神宮由緒掲示


手水舎
鳥居をくぐると右に手水舎があります。

東京大神宮手水舎


飯富稲荷神社
石段を上ると右に末社飯富稲荷神社が鎮座しています。

東京大神宮飯富稲荷神社1


明治初年日比谷大神宮御鎮座に際しその境内に奉斎され昭和三年この地の奉遷、現在に至っております。衣食住と商売繁盛の守護神「稲荷大神」と土地の守護神「大地主神(おおとこぬしのおおかみ)」を祀っています。(由緒掲示より)

飯富稲荷神社

神門

東京大神宮神門


拝殿

東京大神宮拝殿


授与所

東京大神宮授与所


御祈祷受付所
拝殿の左前に御祈祷受付所があります。

東京大神宮御祈祷受付所


松屋サロン

東京大神宮松屋サロン


東京大神宮境内



御朱印帳
サイズ16cm×11cm 初穂料800円 他のデザイン2種類有。

東京大神宮御朱印帳



御朱印
御朱印は御祈祷受付でいただきました。初穂料は300円を納めました。

東京大神宮御朱印

千代田区の神社御朱印   御朱印帳



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【吉祥院】へ  【赤塚諏訪神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【吉祥院】へ
  • 【赤塚諏訪神社】へ