Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

錫杖寺

 ←正覚寺 →吉祥院
錫杖寺
川口市本町2-4-37 電話:048-222-2046 最寄駅:JR京浜東北線「川口」駅より900m
ホームページ


縁起

 当寺は鎌倉時代に願行房憲静法印が、行基菩薩の建てた草庵があったという地に、地蔵尊を安置して庵を結んだのが草創であると伝えられている。地蔵尊は右手に錫杖、左手に宝珠を持つことから宝珠山地蔵院錫杖寺と号するに至った。
 『沙石集』によれば願行は鎌倉海岸にあった地蔵堂の真言律僧であった。京都東山泉涌寺の俊芿(しゅんじょう)のもとで出家し、醍醐寺三宝院の頼賢に顕蜜を学んで浄土教にも通じ、泉涌寺第六世となる。鎌倉大楽寺に住してからは各地ンを巡錫し、相模修験の中心である阿夫利山大山寺を中興するなどした。永仁三年(1295)に没するが、高野山と東寺を復興した活躍から宗燈律師との諡がある。
 寛正元年(1460)、願行の法脈を継ぐ宥鎮は、当寺衰微していた錫杖寺に七堂伽藍を建立して中興開山した。一説に足利八代将軍・義政が満階法師の勧めによって建立し、宥鎮を山主としたとも伝えられている。本堂には本尊の脇侍に不動明王と毘沙門天が祀られ、境内には大日堂を始め、熊野神社や天神社、稲荷社が建てられた。近世紀には関東七ヶ寺、関東十一談林の一つに数えられるようになり、有力な田舎本寺として末寺五十三ヶ寺を有する袈裟頭であった。江戸時代の川口は日光御成街道の宿として栄えるが、元和八年(1622)に徳川秀忠(台徳院)が日光参詣の折に当時を休憩所としたことが、以来将軍社参時の例とされ、寛永三年(1626)には資金と材木を拝領して荘厳な御成門が建築された。寺紋に葵の紋が許されたのも地方寺院としては極めてまれなことである。(川口七福神冊子より)


参道

錫杖寺参道


山門
山門の幕には将軍家より許された葵の紋の寺紋があります。

錫杖寺山門


石仏群
山門をくぐると左に石仏が並んでいます。

錫杖寺石仏1


錫杖寺石仏

天満宮
石仏群のさらに右には天満宮が祀られています。

錫杖寺天満宮

福禄寿堂
天満宮の右には川口七福神の福禄寿堂があります。

錫杖寺福禄寿堂


福禄寿尊像

錫杖寺福禄寿像

鐘楼
福禄寿堂の右奥に鐘楼があります。

錫杖寺鐘楼


弘法大師像

鐘楼の右前に弘法大師像があります。川口周辺は古くから弘法大師信仰が盛んで、文化二年(1805)には新四国霊場が創設されて当時は第七十三番札所となった。現在は関東八十八霊場の第七十六番としても知られている。


錫杖寺弘法大師像


本堂

錫杖寺本堂


地蔵堂
境内右奥に地蔵堂があります。

錫杖寺地蔵堂


寺務所
本堂の右、地蔵堂の左に寺務所があります。

錫杖寺庫裏


御朱印
御朱印は寺務所でいただきました。初穂料は300円を納めました。
本尊(埼玉県六地蔵五番)川口七福神
錫杖寺御朱印福禄寿尊(錫杖寺)御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【正覚寺】へ  【吉祥院】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【正覚寺】へ
  • 【吉祥院】へ