Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

「神事」
一月の神事

海南神社

 ←妻戀神社 →乃木神社
海南神社(チャッキラコ)
三浦市三崎4-12-11 電話:046-881-3088 最寄駅:京急「三崎口」より京急バス三崎港下車徒歩3分

海南神社拝殿前の様子

由緒

御祭神・藤原資盈公は天児屋根之命之の苗裔である。九州大宰府少弐広輀嗣の五代の孫に当り、五十六代・清和天皇の御宇、皇位継承争うに関係した、伴大納言善男に加担しなかった為、讒訴で追討の罪を蒙って筑紫の配所に航する途中、暴風に遭遇してて貞観六年(864)十一月一日父子三人、郎党五十三人は当地に着岸した。(公の嫡男の船は房総半島に着岸し、現在の鉈切大明神は資盈公の嫡子を祭ると伝えられる。)
 その後、資盈公は土地の長に推載され、房総の海賊を平定し、郷民を強化して特に魚業の地を説き文化の礎を築くなど福祉に努力したので、郷民の崇敬の念も篤く、貞観八年(866)に公が歿すると、その亡骸を海に沈め、祠を花暮海岸に建立して祀った。後、花暮の祠を本宮として天元五年(982)に現地に社殿を造営し、三浦一郡の総社となる。その後、照応二年(1653)三月、正一位(吉田家神道の宗源宣旨)に勧められ、享保四年(1719)三浦半島の総鎮守となる。明治六年郷社に列し、同四十年神饌幣帛料共進神社に指定された。(由緒書より)


由緒書

海南神社由緒書 


チャッキラコ

国指定重要無形民俗文化財(昭和51年5月4日指定)

 チャッキラコとは、毎年1月15日の小正月に三浦市三崎の仲崎・花暮地区や海南神社で、豊漁・豊作や商売繁盛などの祝福芸として、女性のみで踊られる民俗芸能の一つです。その起源は江戸時代まで遡り、『三崎志』(宝暦6年(1756)刊行)の年中行事の項に「〇初瀬踊 一名日ヤリ 十五日女児集リ踊ル」とあるので約250年前から伝承されてきたことが伺えます。また、踊りには2つの伝説が伝えられています。1つは、海南神社の祭神藤原資盈の奥方盈渡姫が、庶民の娘に教えたというもの。もう1つは、源頼朝が三崎来遊の際、磯取りしていた親子に舞を所望し、母親が唄い、娘が舞ったというものです。古代・中世まで遡るかは不明ですが、少なくとも江戸時代中期までは文献で確認されています。

 チャッキラコは、年配の女性10人程が唄い、5歳程~12歳までの少女20人程が踊ります。少女は赤色の晴れ着、年配の女性は、黒色の着物に羽織姿で、舞扇とチャッキラコ(写真右下、綾竹)を演目に応じて使い分け、楽器類は伴わず、素唄と囃し言葉だけの素朴な唄と踊りです。踊りには、「はついせ」、「チャッキラコ」、「二本踊り」、「よささ節」、「鎌倉節」、「お伊勢参り」の6種類があります。当日、午前10時頃本宮の祠前で踊りを奉納、午前10時30分頃海南神社境内の社殿前で踊りを奉納します。午後からは仲崎・花暮両地区の「竜神様」と呼ばれる祠前で踊りを奉納し、旧家や老舗商店等を祝福して回ります。(三浦市ホームページより)



三崎港バス停
海南神社へは京急「三崎口」駅より京急バスで三崎港バス停下車(290円)徒歩3分です。
三崎港バス停

道標
バス停の近くに道標があります。
海南神社道標


参道
道標に従って進むと参道があります。
海南神社参道

社頭

参道を進むと鳥居の前に出ます。海南神社の行燈を神主様が取り外していました。参拝した当日は「チャッキラコ」の日でしたが、神社に到着した時刻は13時過ぎで行事はすべて終わっていました。

海南神社鳥居

鳥居
海南神社鳥居1

社務所
鳥居から右に進むと社務所があります。
海南神社社務所

御霊神社
鳥居をくぐると右に境内社の御霊神社が鎮座しています。
海南神社御霊神社

疱瘡神社

鳥居をくぐって左には疱瘡神社が鎮座しています。疱瘡神社御祭神・源為朝が疱瘡の神様になったのは、伊豆大島から来ているとされている。昔、疱瘡が流行したとき、大島だけが一人の患者も出ない、これは豪勇の為朝が居たので疱瘡をよせつけないのだろうという俗信から来ているもので、それが三崎に入ったのである。この神様は又、痲疹の神様としても信仰が篤い。


海南神社疱瘡神社


水神・龍神社
鳥居をくぐると御手洗池があり、神橋を渡ると右に水神・龍神社が鎮座しています。
海南神社水神社


手水舎
水神・龍神社の左に手水舎があります。
海南神社手水舎

福徳稲荷神社鳥居
手水舎の奥に、福徳稲荷神社が鎮座しています。
海南神社福徳稲荷神社

福徳稲荷神社
海南神社福徳稲荷神社1


御神木

手水舎の奥、福徳稲荷神社の前には樹齢約八百年の、源頼朝手植えと伝えられる、公孫樹(いちょう)雌雄の二株の御神木があります。三浦市の天然記念物に指定されています。

海南神社御神木(右)


海南神社御神木(左)


神楽殿
手水舎の正面には神楽殿があります。
海南神社神楽殿


神楽殿の額
神楽殿の欄間、には日本神話の額が掲げられています。

海南神社神楽殿絵画1   海南神社神楽殿絵画2

海南神社神楽殿絵画3  海南神社神楽殿絵画4

海南神社神楽殿絵画5  海南神社神楽殿絵画6

海南神社神楽殿絵画7


石灯篭
拝殿前の石段の両脇には石灯篭があります。
海南神社石灯篭(左)  海南神社石灯篭(右)


御馬社

石段を登ると右に、御馬社が鎮座しています。右側面は絵馬掛けになっています。 木造の白馬が祀られています。昔神社の神馬が逃げ出し町内で死んだ。たちまち疫病が蔓延したので白馬を奉納したところ疫病も鎮まったという。後、この馬に祈ると脚気がなおるといわれています。


海南神社御馬社  海南神社御馬社絵馬掛け


金刀比羅宮
御馬社の左には金刀比羅宮の鳥居があります。鳥居比左に水盤があります。
海南神社金刀比羅宮鳥居  海南神社金刀比羅宮水盤

石段を登っていくと金刀比羅宮が鎮座しています。
海南神社金刀比羅宮


拝殿
権現造りの拝殿、切妻造りの(幣殿)、神明造りの本殿は神奈川県の重要文化財に指定されています。
海南神社拝殿


沢山、鈴がありました。
海南神社拝殿前


扁額
海南神社社号額

拝殿内部
海南神社弁天像

弁財天像

三崎七福神の弁財天が祀られています。三崎七福神期間は元旦から30日まで(開帳期間は15日まで)色紙900円 御朱印300円、御朱印帳への墨書300円。御朱印受付は15日まで、その後は完成色紙(3000円)のみ対応。問合せ:事務局圓福寺 046-888-2226

三崎七福神ホームページ

海南神社弁天像1


本殿
海南神社本殿


相州海南高家神社鳥居
海南神社拝殿の左前に相州海南高家神社が鎮座しています。
海南神社高家神社鳥居

社殿

相州海南高家神社は祭神磐鹿六雁命は日本書紀第十二代景行天皇が悲劇的な最期を遂げた日本武尊、東征の跡を偲んで、三浦半島から安房上総に巡行された時、天皇の料理賄方を司った神様で、後に宮中にあって大膳職の長となり、わが国における料理の祖神として食にかかわる人々に崇められています。
(由緒書より)

海南神社高家神社

包丁塚

相州海南高家神社の右には包丁塚があります。包丁塚は、人の食生活の伴侶として務めを終えた包丁に感謝を捧げ、人の食膳に供された鳥獣魚菜の霊をなぐさめる碑です。包丁奉納殿は、使い古された包丁に労わりの心をこめて納めるところです。また、永かった料理賄の仕事場を去る料理人が愛用の包丁を納めるところでもあります。毎年四月下旬には境内にて 包丁供養感謝祭・奉納料理奉告祭・古式による包丁式がおこなわれます。(ホームページより)

海南神社包丁塚

稲荷社
更にも後手に石段を登ってゆくと稲荷社が鎮座しています。
海南神社高家神社右石段

海南神社稲荷社

大神宮
更に石段を進むと、大神宮が鎮座しています。
海南神社大神宮

境内社
相州海南高家神社の左は境内社が鎮座しています。
海南神社高家神社左境内社


祭神磐鹿六雁命の額
境内社の左には、一際目を引く、馬堀法眼善孝画伯による磐鹿六雁命の大絵馬があります。
海南神社磐鹿六雁命の絵


授与所
拝殿の左前、相州高家神社の左前に授与所があります。
海南神社授与所

三崎七福神色紙
三浦七福神色紙


御朱印
御朱印は授与所で頂きました。初穂料はそれぞれ300円を納めました。

海南神社御朱印

チャッキラコ御朱印

平成二十六年を二十五年と書き間違えていました。次のページに書き直していただきましたが、右下の印を押し忘れていたのでこちらを掲載します。

海南神社チャッキラコ御朱印

相州海南高家神社の御朱印

海南神社食神磐鹿六雁命御朱印


三崎七福神筌龍弁財天御朱印

御朱印の用紙が専用の書き置きをいただいました。後でよく見ると日付けが平成二十六年までになっていました。来年は七福神巡りにもう一度参拝に行こうと思っています。

三浦七福神ホームページ

海南神社弁財天御朱印

秋の七草寺社御朱印

海南神社は秋の七草寺院「萩の宮」です。こちらも専用の用紙の書き置きを頂きました、残念ながら日付がまるでで入っていません。秋に七草寺社巡り(9月1日から10月20日)にもう一度行こうと思っています。



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 神社御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png 神事
総もくじ 3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【妻戀神社】へ  【乃木神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【妻戀神社】へ
  • 【乃木神社】へ