Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

秩父惣圓寺 秩父七福神八腎大弁財天

 ←秩父今宮神社(秩父霊場発祥の地) →荏柄天神社
惣圓寺
埼玉県秩父市東町17-19  最寄駅:秩父鉄道「お花畑」徒歩3分 、西武線「西武秩父」
惣圓寺山門

縁起
宗派   浄土宗

本尊   阿弥陀如来

札所   秩父七福神八腎大弁財天

物心ただ円かれと願う寺、慈悲の恵の無量寿の里光壺山無量院惣円寺と称します。当山の草創は武甲庄浦山の地(現在の秩父市大字浦山地区)でした。その後、寛永年間(ニハニ四~一六四四)閑野帯刀邸跡の現在地に移転し、関東郡代伊奈氏の弟、日誉源底上人を開山に迎えてより、現在の住職で十九代目となります。江戸時代には、当寺の鐘が、忍藩秩父領の標準時刻を報知する役を果していたので、秩父絹市、秩父夜祭等が皆、この音色の合図により開始されていました。撞かれる鐘の音は秩父の山々に響いて無量寿仏の里を示す音色となっていたことと想われます。
 当山の主護神としてお濤りしております「八腎大弁財天神」は、開山当時より民衆の信仰を集めてまいりましたか、やはり、明治十一年の秩父大火災によって御尊像は消えました。しかし、その霊像は減滅せず、当山代十八世の夢枕に、再度御姿を現されたので、不思議に感じて近郷近在にその御姿を求めたところ、「開運八腎大弁財天神」弘法大師御作秩父惣円寺とある掛軸をみいだしました。そして、その御姿を御尊像として再現いたしました。以来、再び広く民衆に福徳のあらたかさを現実に示し、昭和五十一年に、開運秩父七福神巡りがひらかれてからは、その紅一点の女神としても参拝祈願に訪れる人々が増加してまいりました。
惣圓寺厄除不動尊
惣圓寺七福神
惣圓寺真実の口
六地蔵尊
惣圓寺六地蔵尊

惣圓寺お堂
観音像
惣圓寺観音像
弁天堂
お堂の中に八腎大弁財天が安置されています。
惣圓寺大弁財天堂
御宝印所
弁天堂の左に御宝印所があります。前に七福神のスタンプがあります。スタンプの初穂料は200円を弁天堂の賽銭箱に納めました。

七福神弁財天御朱印

御宝印
御宝印所で頂きました。初穂料は300円を納めました。日付を入れていただけませんでした。

秩父七福神惣圓寺大財天御朱印
埼玉の寺院御朱印  秩父七福神



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【秩父今宮神社(秩父霊場発祥の地)】へ  【荏柄天神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【秩父今宮神社(秩父霊場発祥の地)】へ
  • 【荏柄天神社】へ