Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

三ツ和氷川神社

 ←墨田区の神社(33) →九重神社
三ツ和氷川神社
埼玉県川口市三ツ和3-22-2 電話:048-291-1199 最寄駅:埼玉高速鉄道「鳩ヶ谷」
三ツ和氷川神社

由緒
御祭神  健速須佐之男命(たけはやすさのおのみこと)  

 三ツ和は、明治十年に中居・上新田・小渕の三か村が合併したことによって誕生した新しい村である。
当社は、この三か村の鎮守として創建されたと伝えられ、古くは中居村の本社と呼ばれているところに鎮座していたという。『風土記稿』小渕村の項に「氷川社 村の鎮守なり、当社は古中居村にありし社なり、本地十一面観音を安ず、源永寺の持」とあるのも、そうした由来を伝えるものである。ちなみに当社が、中居村から小渕村に移った時期は、吉田勉家所蔵の「小渕村濫觴記」によれば、文明年中(1469-87)のことという。また、「宗源宣旨写」によれば、享保七年(1722)に神祇官領吉田家から正一位の神位を拝受している。
いつのころにか、中居村に八幡神社が、上新田に稲荷神社が創建されたことから、当社は小渕村だけの鎮守となり、神仏分離を経て、明治六年には小渕村の村社となった。明治元年十二月付の「神職相転願」によれば、大宮氷川神社の岩井家に入門した河原采男を当社の神職として奉仕させ、併せて同家の家内一同が神葬祭に改めたい旨が記されており、連署の中には源永寺秀鎫・氏子檀中惣代武右衛門・役人惣代名主七左衛門らの名が見える。

例大祭

 須賀神社例大祭 10月15日
鳥居
三ツ和氷川神社鳥居
手水舎
寛政8年(1796年)に奉納された水盤です。
三ツ和氷川神社手水舎
神明社
境内右側に鎮座しています。
三ツ和氷川神社神明社
須賀神社
境内左には須賀神社が鎮座しています。須賀神社の祭礼は毎年10月15日に行われます。
三ツ和氷川神社須賀神社
石碑
境内右手に石碑があります。
三ツ和氷川神社石碑
拝殿

三ツ和氷川神社拝殿
拝殿内部
三ツ和氷川神社拝殿内部
「天は二物を与えず」
拝殿の前に宮司様のお言葉が書かれていました。「金のあるときは、暇がない 暇があるときは、金が無い‥‥」
三ツ和氷川神社貼り紙
算額掲示
三ツ和氷川神社算額掲示
奉納絵馬掲示
三ツ和氷川神社絵馬掲示
川中島合戦奉納絵馬
三ツ和氷川神社川中島合戦絵図
御朱印
九重神社の兼務社です。九重神社に連を入れ九重神社で御朱印を頂きました。
川口三ツ和氷川神社御朱印
埼玉県の神社御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【墨田区の神社(33)】へ  【九重神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【墨田区の神社(33)】へ
  • 【九重神社】へ