Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

新倉氷川八幡神社

 ←蓮根氷川神社 →御嶽榛名神社
新倉氷川八幡神社
和光市新倉2-18-60 最寄駅:東武東上線和光市 副都心線・有楽町線和光市

和光市新倉の氏神様氷川八幡神社は約七百年前の鎌倉時代弘安年間に創建され三百年前万治三庚子年十二月十五日流造り本殿再建と伝えられて居ります。太政官布告により明治元年四月十日神祇官、神官転制村社となり昭和十八年新倉村は白子村と合併して大和町となりましたがこの時社有地の一部五百四十三坪を無償提供し、一の鳥居を三十五メートル後退した現在地に移設し宮坂道を開通させました。
正和二十八年宗教法人法に定める神社となりました。昭和四十年頃から急激に開発され町の人口も三万人を超え昭和四十五年十月には和光市となりましたが、文明開化は、大気汚染などの公害をもたらし老杉三百年を超え昼なお暗き境内うっそうとした鎮守の森は次々と枯損し正和四十八年にはついに大樹皆無となりました。
老朽化甚だしかった草葺の社殿を取毀し昭和二十六年拝殿幣殿本殿上屋など改築、昭和五十二年十月十一日氏子崇敬者四百三十八名からの奉賛により本殿を神明造りに改め手水舎新築、天水おけ、幟竿など新設して社殿の面目を一新しました。
心のふるさと鎮守の社はいつも皆様方の弥栄を御祈りしております。(境内掲示より)


一の鳥居

和光市駅北口よりきたへ1.5km徒歩20分。外環自動車道の近く、「新倉氷川神社前」の信号から100m程の所に一の鳥居があります。一の鳥居老朽のため従来通りの型式文字を受け継ぎ平成九年十月再建しました。


新倉氷川八幡神社一の鳥居

二の鳥居

新倉氷川八幡神社二の鳥居

参集殿
二の鳥居の左前に参集殿があります。

新倉氷川八幡神社参集殿

神輿庫
二のと鳥居右手前には神輿庫があります。

新倉氷川八幡神社神輿庫

手水舎
二の鳥居をくぐると右手に手水舎があります。

新倉氷川八幡神社手水舎

拝殿

新倉氷川神社拝殿

社号額

新倉氷川八幡神社社号額

天神宮

境内右手に天神宮が鎮座しています。平成四年五月に再建されました。天神坂、天神下の地名と天神上の屋号は、広くつかわれていましたが、神社が実存した記録は不明でした。しかい、旧家の古文書で、宝暦十三年(1763年)の上新倉村絵図の中に幻の天神宮が描かれているのが発見されてから、氏子崇敬者の総意により御大典を記念し、歴史的遺産が再建されました。(由緒書より)


新倉氷川八幡神社天神宮

境内社
天神宮の左に並んで鎮座しています。

新倉氷川八幡神社境内社①

境内社
本殿の奥に鎮座しています。

新倉氷川八幡神社境内社②

境内社
左に並んで鎮座しています。

新倉氷川八幡神社境内社③

境内社
さらに左奥に鎮座しています。

新倉氷川八幡神社境内社④

庚申塔
左隣にあります。

新倉氷川八幡神社庚申塔

社務所
境内左に社務所があります。

新倉氷川八幡神社社務所

御朱印

社務所で御朱印をいただきました。宮司さまと少し話ができました。東京都板橋区赤塚氷川神社の宮司さまとは従弟で同級生とおっしゃっていました。めったに見ることがないが、雛をかえしに大鷹が飛来して来ることがあるそうです。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【蓮根氷川神社】へ  【御嶽榛名神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【蓮根氷川神社】へ
  • 【御嶽榛名神社】へ