Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

浅草富士浅間神社

 ←十条富士神社 お山開き →下谷坂本富士 お山開き
浅草富士浅間神社
台東区浅草5-3-2 最寄駅:都営浅草線・銀座線・東京スカイツリーライン浅草
ホームページ

富士山世界文化遺産登録記念として都内の富士塚や浅間神社を巡りました。

 御祭神 「木花咲耶比売命」古事記・日本書紀に見られる山の神(大山津見神)の娘で、安産また疱瘡・疫病除けの守として霊験あらたか。

 創建 富士山信仰が最も盛んであった江戸時代、富士山参拝は江戸庶民にとって生涯の夢であった。しかし当時は交通事情も悪く、そうした中、富士山崇敬を目的とした「富士講」が結成され、富士山遥拝所として当社が創建された。
 古記録によると静岡県富士市の浅間神社より現蔵前の三好町に勧請・分祀(御神霊を頂くこと)され、その後幕府の命により昔は富士に似た森厳なる小丘であった現在地(浅草五丁目)に移されたとされている。
 詳しい創建年月日は不明であり、当社本殿より発見された棟札によると元禄年間(1688~1703)と推察されるが、元禄年間以前の「江戸絵図」にはその鳥居が描かれており、この辺りをどう解釈するかが今後の課題である。

 沿革 当社が再建されたとする江戸時代には神仏習合の時代であり、仏が神の姿を借りて世俗に現れるという権現思想の中、当時神社自体は富士権現として浅草寺子院の修善寺が管理していた。その後明治維新の神仏分離の政策のにより修善寺の管轄を離れ、明治六年より浅草神社の兼務社として現在に至る。

 社殿 明治十一年に建てられた社殿は、先の東京大空襲で土蔵造りの本殿を残し全焼。その本殿の観音扉の内側には明治維新前後の作と思われる下り龍の漆喰彫刻が残っている。現在の社殿は平成十年に浅草神社奉賛会により再建されたものである。

 例祭日 現在浅間神社の例祭日は富士山山開きの日七月一日であり、その縁日とされる植木市は五月と六月の最終土曜日の四日間に行われる。植木市では露店商が並び、初夏の風物詩として賑わいを興す。(浅草富士浅間神社由緒書より)

鳥居
例祭の提灯が沢山ありました。
浅草浅間神社鳥居
拝殿と茅の輪
拝殿の前には茅の輪がありました。
浅草浅間神社拝殿
祝世界遺産登録
拝殿の左前に、祝世界遺産登録のパネルが飾られていました。
浅草浅間神社世界文化遺産登録記念
拝殿
浅草浅間神社拝殿内
授与所
拝殿の右に授与所があります。授与所で御朱印を頂きました。麦藁蛇も頒布されていました。
浅草浅間神社授与所
植木市
植木市が開催されていました。大勢の人で賑わっていました。
浅草浅間神社植木市
工事中の富士塚 
浅草富士浅間神社工事中の富士塚
完成した富士塚

浅草富士浅間神社富士塚
御朱印
授与所で御朱印を頂きました。授与所が開いていない時は浅草神社で御朱印を頂けます。
浅草神社で拝受
浅草富士浅間神社御朱印
 
平成25年植木市平成28年植木市
浅草富士浅間神社御朱印浅草富士浅間神社植木市御朱印
平成26年夏詣平成28年夏詣
浅草富士浅間神社夏詣御朱印浅草富士浅間神社夏詣御朱印
初詣
浅草富士浅間神社初詣御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【十条富士神社 お山開き】へ  【下谷坂本富士 お山開き】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【十条富士神社 お山開き】へ
  • 【下谷坂本富士 お山開き】へ