Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

「神事」
七月の神事

十条富士神社 お山開き

 ←駒込富士神社 お山開き →浅草富士浅間神社
十条富士神社
北区中十条2-14 最寄駅:京浜東北線「東十条」徒歩5分、埼京線「十条」徒歩8分


 江戸時代に実際の富士山へ登拝を行うことはとても大変なことでしたので、富士山登拝が身近に出来るようにと、地元に「富士塚」を築く講もました。富士塚は富士山を模して築かれた塚で、表面には溶岩が積まれ、登山道を模した参道には富士山に所在する社など配されています。現在も都内には、富士講の盛んであった江戸時代に築かれた富士塚が残されていて、丸参十条伊藤講の「十条富士塚」もその中の一つです。
 丸参十条伊藤講の結成時期は定かでありませんが、富士塚の頂上には明洛14年建立の石祠があり、そこには「明和三丙戌年十二月吉日 醍醐久☐☐」と刻されています。「醍醐久☐☐」とあるのは、江戸時代に先達・講元を世襲したとされる醍醐久兵衛のことと思われます。そして、この石祠は、久兵衛が明和三年(1766)十二月に建立したものを明洛十四年に新しく建て替えたものではなかったかと推察されます。そうしたことから、私たち講中は、丸参十条伊藤講が明和三年前後にはすでに結成されていたものと考えています。
 十条富士塚では、例年富士山の山開きに当たる七月一日を大祭日と定め、前日より祭礼を執行しています。そしてたくさんの出店で賑わう大祭日には、お産や子育てにも霊験ありとされる当社に多くの方が参拝し、出店で売られる麦藁蛇については、江戸幕府が編纂した「新編武蔵野風土記稿」の「富士浅間社」という項に由来を示す次のような記事があります。
  例祭毎年六月朔日。(中略)麦藁ヲモテ作リシ蛇ヲ売ル。是ハ宝永ノ頃上駒込村ノ民三衛門ナルモノ売ハジ   ム。或書ニ、宝永年中近郷大ニ疫病流行セシニ。此蛇ヲ買モテルモノハ。其一家疫病ノ患ナカリシ故。モテハ  ヤサレ。今ハ当所ノ名物トナレリ。
 また、「江戸名所図会」にも「毎歳六月朔日、祭礼にて前夜より詣人多く道路に充り、此の産物として麦藁細工の蛇(中略)を く」とあります。創始者については諸説あり定かでないようですが、麦藁蛇は、富士塚とともに江戸時代の祭礼の雰囲気や信仰の在り方を今に伝える貴重な文化遺産といえましょう。(丸参十条講の伝統より抜粋)


十条冨士塚は、十条地域の人々が、江戸時代以来、冨士信仰にもとづく祭儀を行ってきた場です。
現在も、これを信仰対象として毎年6月30日・7月1日に十条冨士神社伊藤元講が、大祭を主催し、参詣者は、頂上の石祠を参詣するに先だち線香を焚きますが、これは冨士講の信仰習俗の特徴のひとつです。
塚には、伊藤元講などの建てた石造物が、三十数基あります。銘文によれば遅くとも、天保11年(1840)10月には冨士塚として利用されていたと推定されます。
これらのうち、鳥居や頂上の石祠など16基は明治14年(1881)に造立されています。この年は、冨士講中興の祖といわれた食行身禄、本名伊藤伊兵衛の150回忌に当りました。石造物の中に「冨士山遥拝所再建紀年碑」もあるので、この年、伊藤元講を中心に、塚の整備が行われ、その記念に建てたのが、これらと思われます。
形状は、古墳と推定される塚に、実際の富士山を模すように溶岩を配し、半円球の塚の頂上を兵平坦に削って、富士山の神体の分霊を祀る石祠を置き、中腹にも、富士山の5合目近くの小御岳神社の石祠を置いています。また、石段の左右には登山路の跡も残されており、人々が登頂して富士山を遥拝し、講の祭儀を行うために造られたことが知られます。(北区教育委員会掲示より)


露店
沢山の露店が出店しています。大勢の人で賑わっていました。

十条富士神社露店

十条富士塚
祝世界文化遺産登録の看板が出ていました。

十条富士神社①

登山口

十条富士神社登山口

石碑と登山客
富士塚の高さは約6mです。

十条富士神社石段


お焚き上げの護摩札(初穂料200円)と御朱印(書置き初穂料200円)が頂けます。御札と書いてあるところで麦藁蛇が頂けます。(初穂料1000円)


十条富士神社②

階段
いよいよ、登山開始です。

十条富士階段

頂上
アッという間に頂上です。

十条富士頂上

お焚き上げ
頂いた線香や護摩札を焚き上げます。家内安全の護摩札をお焚き上げしました。

十条富士お焚き上げ


こちらが祠です。二礼、二拍手、そして一礼でお祈りします。

十条富士祠

下山口
帰りは頂上から左へ下ります。

下山口

御朱印
御朱印は登山口、頂上、下山した後でも頂けます。(初穂料は200円)日付けが7月一日になっていました。

十条富士神社御朱印


北区の神社御朱印



 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 神社御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png 神事
総もくじ 3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【駒込富士神社 お山開き】へ  【浅草富士浅間神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【駒込富士神社 お山開き】へ
  • 【浅草富士浅間神社】へ