Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

江戸六阿弥陀第2番恵明寺

 ←江戸六阿弥陀(8) →豊島第59番無量寺
江戸六阿弥陀第2番恵明寺
足立区江北2-4-3 最寄駅:舎人ライナー扇大橋

恵明寺山門

真言宗、宮城山円明院恵明寺と称す。本尊阿弥陀如来坐像は、造像の技法がきわめてすすんだころの等身大の寄木造りである。この阿弥陀如来は、江戸六阿弥陀2番の札所として、古くは小台の延命寺にあったものを明治9年の合併の際移したものである。六阿弥陀仏の信仰は、平安後期以後に発生したものと思われる。
当寺に伝わる六阿弥陀縁起、足立姫の伝説は広く知られており、江戸時代の天野信景の随筆「塩尻」にもその巡礼の様子がみられ、この地の人々の信仰を集めていたことがわかる。(足立区教育委員会掲示より)


恵明寺阿弥陀坐像

木造阿弥陀坐像で、高さ2尺9寸5分、胴内に天文年間修理と書かれており、平安末期のものといわれ、そのお姿の美しさと、都内屈指の古さとで有名である。この仏は、末寺である、甘露山應味院延命寺(江戸六阿弥陀の2番)に安置されていたが、荒川河川改修工事により、明治9年、当時の江北村小台大門より、本寺である恵明寺に移されたものである。当寺に伝わる演技によると、足立区の長者の願いにより、行基菩薩が一夜にして一本の霊木より六体の阿弥陀仏を刻み、六処へ寺を建て安置したものの一つである。(足立区仏教会資料より)

庚申塔
山門の前には庚申塔があります。

恵明寺庚申塔

本堂
恵明寺本堂

子育地蔵

恵明寺子育地蔵

石塔

恵明寺石塔①

石塔

恵明寺石塔②

石塔

恵明寺石塔③

御朱印
庫裏で御朱印を頂きました。

恵明寺六阿弥陀御朱印
足立区の寺院御朱印   江戸六阿弥陀御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【江戸六阿弥陀(8)】へ  【豊島第59番無量寺】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【江戸六阿弥陀(8)】へ
  • 【豊島第59番無量寺】へ