Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

札所御朱印集

江戸六阿弥陀(8)

 ←豊島第21番大龍寺 →江戸六阿弥陀第2番恵明寺
江戸六阿弥陀由来
 もと江戸の近郊の阿弥陀仏の霊場六か所のことをいい、現在ではすべて都内になっています。春秋の彼岸会には「六阿弥陀詣で」と言って巡拝する人が多いです。伝説によれば、聖武天皇の御時、この地方に足立少輔某というものがおり、その娘が近郷の豊島佐衛門清光という長者に嫁したが、故あって離婚となり沼田川に身投げし、その侍女五人も殉職した。(一説には足立少輔と豊島長者戸が入れ替わっている。)足立少輔某は悲嘆やるかたなく諸国の霊場を巡拝した折、紀州熊野山において杉の霊木を得て、これを海に投じたところ当地に漂着した。たまたまそこへ行基が行脚されて、亡女等の菩提のために少輔某の請いによって、六体の阿弥陀仏が像が作られたといわれている。なを木余りの阿弥陀と称する仏像が足立区性翁寺に安置され、六阿弥陀詣では、ここも参拝するのを例とする。これは行基が六阿弥陀を刻んだ余材を持って作ったものだと伝えられております。江戸時代の学者天野信景の随筆「監尻」に六阿弥陀のことが記されていますので、江戸元禄のころすでにこの六阿弥陀詣でがあったことが知られます。(与楽寺でいただいた与楽寺御案内より)



江戸六阿弥陀御朱印
第1番第2番第3番第4番
西福寺恵明寺無量寺与楽寺
北区豊島2-14-1足立区江北2-4-3北区西ヶ原1-34-8北区田端1-25-1
真言宗豊山派真言宗系単立真言宗豊山派真言宗豊山派
西福寺参道恵明寺本堂無量寺本堂与楽寺本堂
西福寺六阿弥陀御朱印恵明寺六阿弥陀御朱印_0002無量寺六阿弥陀御朱印与楽寺六阿弥陀4番御朱印
第5番第6番木余木残
常楽院常光寺性翁寺昌林寺
調布市つつじヶ丘4-9-1江東区亀戸4-48-3足立区扇2-19-3北区西ヶ原3-12-6
天台宗曹洞宗浄土宗曹洞宗
常楽院本堂常光寺本堂性翁寺本堂昌林寺本堂
常楽院江戸禄阿弥陀御朱印常光禅寺江戸禄阿弥陀御朱印_0001性翁寺六阿弥陀御朱印昌林寺六阿弥陀御朱印

江戸六阿弥陀の地図




もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【豊島第21番大龍寺】へ  【江戸六阿弥陀第2番恵明寺】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【豊島第21番大龍寺】へ
  • 【江戸六阿弥陀第2番恵明寺】へ