Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

豊島第80番寶樹山西光寺

 ←新井天神北野神社 大鳥神社酉の市 →豊島第82番医王山西光院
豊島第80番寶樹山西光寺
板橋区大谷口2-8-7 最寄駅:有楽町線・副都心線「千川 」

縁起
宗派  真言宗豊山派。

本尊  聖観音像

札所  豊島八十八ヶ所板橋七福神布袋尊

 当地の大野清右衛門が古くからこの地にあった一観音堂に田畑を寄進して堂宇を建設したことから始まるという。「新編武蔵野風土記」では、開山を承応三年(1654)八月寂の宥音とするが、当寺所蔵の古文書では、開山を慶安四年(1651)六月寂の覚印とする。いずれにしても、当寺が1640年代には開山されていたことは明らかである。
 明治三年住職広沢賢隆は、境内に一棟を立て寺小屋を開設し、同九年に上板橋学校が開設されろまで近所の子供に教育を行った。 昔話で有名なしろかき地蔵(石造・高47cm)は、同時境内に安置されている。同地蔵は昭和62年度の板橋区登録有形民俗文化財(信仰)に認定された。 平成六年八月 板橋区教育委員会

山門
西光寺山門

本堂
西光寺本堂
しろかき地蔵
 大谷口のしろかき地蔵。そのむかし大谷口村に日頃から仏様を深く信仰していた心やさしいお百姓さんがいました。あすは村中上げて一せいに田植えをすることになっていました。お百姓さんは、明日の田植えに間に合うように、汗を流して一生懸命働きました。しかし、あたりが薄暗くなっても、しろかきは半分も出来ていませんでした。お百姓さんは、畦に立って、もう暗くなってしまった田んぼを眺めながら大きな溜息をしていると、どこからともなく若いお坊さんが近寄ってきて、「しろかきが終えなかったんですか…」とやさしく話しかけてくださったかと思うといずれかへ去って行ってしまいました。
 一夜明けて、田んぼに来てみると、さしもの広い田んぼは、きれいにしろかきが済まされて、朝日がさんさんと田の面を照らしていました。お百姓さんが辺りを見回すと田んぼの泥土が点々と、田から丘の上の小さなお堂まで続いています。お百姓さんはお堂の扉を開けてみると石のお地蔵さまは、腰のあたりまで泥だらけでした。
 お百姓さんは、お地蔵さんが一晩のうちにしろかきをかいて下さったに違いないと思って涙を流してお礼を申し上げました。お地蔵さんは優しいお顔をして、お百姓さんをじっと見下ろしていました。
 大谷口村の人々は、それからその後、このお地蔵さんを「しろかき地蔵尊」とあがめて、あつくおまつりをしました。
西光寺しろかき地蔵
 
御朱印
納経所で御朱印を頂きました。
豊島八十八ヶ所板橋七福神
豊島80番西光寺御朱印西光寺布袋尊御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【新井天神北野神社 大鳥神社酉の市】へ  【豊島第82番医王山西光院】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【新井天神北野神社 大鳥神社酉の市】へ
  • 【豊島第82番医王山西光院】へ