Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

成田山東京別院深川不動堂

 ←福徳神社 新嘗祭御朱印 →身延別院
成田山東京別院深川不動堂

江東区富岡1-17-13 最寄駅:東西線・大江戸線「門前仲町」
ホームページ
真言宗智山派 東西線門前仲町の1番出口を出ると深川不動堂の参道に出ます。参道の右手には江戸六地蔵の永代寺も有ります。待ちすぐ近くには富岡八幡宮が鎮座しています。
深川不動堂山門

縁起


宗派   真言宗智山派

本尊   不動明王(秘仏)

札所   関東三十六不動第二十番
 
江戸時代のはじめ、歌舞伎役者の市川團十郎が不動明王が登場する芝居を打ったことなどにより、成田山の不動明王を拝観したいという気運が江戸っ子たちのあいだで高まった。これを受けて、元禄16年(1703年)、1回目の成田不動の「出開帳」(現代風にいえば「秘仏特別公開」)が富岡八幡宮の別当・永代寺で開かれた。これが深川不動堂の始まりである。江戸における成田不動の出開帳は安政3年(1856年)まで、江戸時代を通じて12回行われたが、そのうち1回を除いて深川永代寺が会場となった。
 永代寺は明治維新後、神仏分離令により廃寺となり、旧境内は深川公園となった。しかし不動尊信仰は止むことがなく、明治11年(1878年)に現在の場所に成田不動の分霊を祀り、「深川不動堂」として存続することが東京府により認められた。境内地は、深川公園の一部を永久かつ無償で借用することが認められたものである。明治14年(1881年)に本堂が完成。その後本堂は関東大震災・東京大空襲と二度にわたって焼失したが、本尊は焼失を免れた。永代寺は門前にあった塔頭・吉祥院が明治29年(1896年)に再興され、名跡を継いだ。なお、地名「門前仲町」は「永代寺の門前町」という意味である。
参道
深川不動堂参道 

深川不動堂入り口 
水屋
深川不動堂水屋 
深川龍神
深川不動堂深川龍神 
不動堂(旧本堂)

深川不動堂

深川不動堂山門の銅像(左) 深川不動堂山門の銅像(右)
扁額
深川不動堂扁額
不動明王像

深川不動堂不動尊

深川不動堂不動像 
本堂
深川不動堂本堂
吒枳尼天尊
深川不動堂吒枳尼天
吒枳尼天尊の右手を進んで行きます。
深川不動堂?像

深川不動堂百度石

深川不動堂剣

深川不動堂?堂

交通安全祈願所入り口
深川不動堂交通安全祈願所入り口
交通安全祈願所
深川不動堂交通安全祈願所
祈願所の不動明王像
深川不動堂交通安全祈願所不動像
境内東側には石碑、石像がたくさんあります。
深川不動堂十六講石碑と?像

深川不動堂石像不動像 

深川不動堂十六講石碑
 
深川不動堂石像不動像1

深川不動堂松盛斎譜石碑

深川不動堂忍石碑

深川不動堂順拝御詠歌石碑

深川不動堂末広元講灯籠

富岡八幡宮旧別当永代寺跡石標
深川不動堂西側に隣接する、深川公園の一角に石標があります。
富岡八幡宮旧別当永代寺跡石標
燈明台
境内の南東に燈明台があります。日清戦争の勝利を記念して、明治三十一年七月に竣工しました。江東区指定有形文化財に指定されました。
深川不動燈明台 
稲荷受付

稲荷受付で御朱印帳を購入し御朱印も頂きました
深川不動堂稲荷受付所
 
御朱印帳
大きいサイズ18cm×12cmです。(初穂料1500円)
深川不動尊御朱印帳

御朱印
本尊関東三十六不動
深川不動堂御朱印成田山深川不動三十六不動御朱印


2015/11/23 関東三十六不動の御朱印と、画像を追加、加筆しました。

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【福徳神社 新嘗祭御朱印】へ  【身延別院】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【福徳神社 新嘗祭御朱印】へ
  • 【身延別院】へ