Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

靍護(かくご)稲荷神社

 ←銀座出世地蔵 →あづま稲荷神社
靍護(かくご)稲荷神社
中央区銀座6-10-1(GINZA SIX屋上) 最寄駅:銀座線「銀座」
靍護稲荷神社鳥居

由緒

御祭神   倉稲魂命

 抑も當靍護稲荷大明神は今を去ること百十三年の昔文化十二年は如月の午の日山城伏見の本宮により勧請して江戸の根岸の里に奉安す。爾来天主店族は素より江戸市民の深き信仰を蒐めて今日に至れり、明治十四年一月の或る夜神主(じんしゅ)の老爺は神殿付近に於いて白狐を認めたるがその後に一巻の掛け軸遺留しあるを発見し怪しみて繙(ひも)けば畏(かしこ)くも三州豊川稲荷大明神の尊像にてありしかば直ちにその由を店主に告げて之を神璽と共に社殿に奉祀して今日に及べりと傳ふ。大明神は霊験洵(まこと)に顕(あらたか)にして特に火伏せの神として世々(よよ)付近住民の難を救はせ給へる事一再に止まらず近き例に微(あらわ)するも去る大正十二年九月関東大震災亦(また)大正十四年三月日暮里の大火に當り既に危うく見えたるにも拘わらず神域社殿は勿論松坂屋舎宅の総て無事なるを得たるは今尚世人の耳目に新たなる所なり。昭和四年己巳(きし)の春二月十八日二の午の寄進を朴し日枝神社社司に請て神璽を分霊し地上八十尺の本館屋上に奉安して茲(ここ)に遷座の式を行ふと所以なり  昭和四年二月十八日誌 松坂屋

札所    銀座八丁神社めぐり九番札所

靍護稲荷神社略起

靍護稲荷神社由来記碑

靍護稲荷神社鳥居と景観

靍護稲荷神社
火の用心御札
靍護稲荷神社火の用心御札
銀座八丁神社めぐりスタンプ
靍護稲荷神社印
中央区の神社  銀座八丁神社めぐり



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【銀座出世地蔵】へ  【あづま稲荷神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【銀座出世地蔵】へ
  • 【あづま稲荷神社】へ