Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

「○○ゆかりの寺社」
○○ゆかりの神社

日野八坂神社 新選組ゆかりの神社

 ←多賀神社 →宝泉寺 新選組井上源三郎菩提寺
日野八坂神社 新選組ゆかりの神社
日野市日野本町3-14-12 電話:042-581-1175 最寄駅:JR中央線「日野」
日野八坂神社社頭1

由緒

御祭神   素戔嗚尊(すさのおのみこと)

例大祭   九月の敬老の日を最終日とする3日間

 創立年代は不詳であるが、古書によると、昔土淵の庄に土渕という深淵があり、あるとき多摩川洪水の後、金色燦然とした牛頭天王の神像があったため、里の老翁がこれを拾い上げ、鎮守として祀ったのが当八坂神社の起源と云われ、五穀豊穣、疫病除け、子孫繁栄に霊験あらたかの神なりとある。
 応永五年(1398・将軍足利義持の頃)僧儀雲が現在の日野駅北東約六百メートルの本宿と呼ばれる付近に、土渕山観音院普門司を開基建立し、この寺が牛頭天王社の別当として管理することになった。
 永享年中(1429~1440・将軍足利義政の頃)権少僧都智伝が中興しけ元亀元年(1570・将軍足利義昭の頃)権僧都清宥が普門寺を現在の第一中学校の隣に移すと共に、牛頭天王社も現在の境内に移したと云う。
 都幾川三代将軍家光は、慶安元年(1648)七月十七日に天下安全、国家安泰の祈願として社領免除の旨を下し、朱印地十四石を寄進した。以来徳川累代の朱印地十四石寄進の朱印状が残っている。
 棟札によると、寛延二年(1749・将軍吉宗の頃)第十五世法印権僧都快伝を中心として、日野郷善男善女の寄進により、拝殿を新しく建て、更に、寛政十二年(1800・将軍家斉の頃)法印権大僧都盛信の時、社殿再建完成としてある。これが現在の本殿ではないかと考えられるが、武蔵国大里郡吉見領村の大工須長伊衛門源国信、須永織衛源信安の父子が棟梁となって完成したと棟札にある。これから五十年ばかり前の寛延二年の拝殿新建の棟札には上田邑巧匠天野市衛門の名がある。その後、種々の変遷があって、明治元年(1968)維新政府が神仏混淆禁止令を出したため、普門寺を分離して土渕 英(蔵人)が宮司となった。
 この時の祭神も牛頭天王を素戔嗚尊に改められ、八坂神社となったわけである。明治七年九月に佐藤俊正の願いによって、有栖川宮二品熾仁親王により特に当社のため「八坂社」の三文字を頂いた。それ以前には「祇園社」という額がかけてあったと思われ、現存しているが、一般には牛頭天王の天王をとって「天王社」と呼んでいた。
 現在の神輿は明治十三年(1880)九月に完成したもので、御仮屋や付属品と共に当時の金で千円位かかっている。石灯籠は同年加組の奉納による。翌十四年に土蔵造りの神輿庫を造ったが、現在のものは石造りで昭和三年に覆殿とともに完成したものである。昭和五十一年に土渕英夫前宮司による土地百四十坪の奉納があり、社務よを建設した。平成九年(1997)には氏子数傾斜の寄進により、本殿修復と老朽化した覆い殿の改築がなされ現在に至っている。

日野八坂神社由緒板

日野八坂神社由緒書

日野八坂神社古い由緒板
鳥居 
明神鳥居、石造、高さ一丈六尺笠石長二丈四勺、大正十二年建立。
日野八坂神社社頭
鳥居の社号額
有栖川宮二品熾仁親王により特に当社のため「八坂社」の三文字を頂いた。
日野八坂神社鳥居の社号額
手水舎
木造銅板葺、平成22年建立
日野八坂神社手水舎
狛犬
石造、台の高さ六尺、獅子の高さ二尺五寸、大正四年溝呂木亀太朗、同力蔵の奉納
日野八坂神社狛犬(左)日野八坂神社狛犬(右)
拝殿
平成九年八月改築竣工、47坪
日野八坂神社拝殿
社殿(右)
本殿は流造唐破風向拝、建坪八坪七合五勺、間口二間半、奥行三間半、総高五間、屋根下総坪数二十坪御勺、床・階橋を除いて全面に彫刻があり、総檜造りである。昭和三十六年に日野市指定文化財となる。玉垣は大正八年竣工。平成九年修復。
日野八坂神社社殿(右)
市指定文化財八坂神社本殿の掲示
日野八坂神社本殿掲示
本殿
 本殿は、棟札により寛政12年(1800)に再建されたもので、大工棟梁は武蔵国大里郡上吉見領村の須長伊右衛門源国信・織江源信安父子であることがわかる。一間社社殿としてはかなり大規模なもので、間口二間・奥行二間半・棟高五間・総欅造り・流造りの正面屋根に千鳥破風と軒破風を設け、建物の壁面は床上・床下ともに中国故事をはじめ、昇龍降龍・牡丹に唐獅子4・波に鯛等の浮彫り・透彫りを取付け、また柱・梁・貫及び高欄に至るまでその木部表面に獅子頭・龍頭・猿頭の木鼻、葡萄と波・菊花・牡丹等の浮彫り、透彫りの文様を彫るなど、きわめて装飾的な社殿となっている。ただし、すべて素木で彩色はない。神社の記録によれば、本殿両扉・南側面大壁の彫物などは、明治3~5年に中井の彫師平野治助によって修理された。郷村の鎭守本殿としては、規模も管理大きく、その華麗な彫刻装飾は、時代の好みを表わす力作で、江戸後期における神社建築・装飾彫刻の粋を集めた優れた作品である。なお本殿は神明造りの覆屋でほごされている
 〔構造形式〕一間社流れ造り 正面千鳥破風及び軒破風付き 柿葺き 指定 昭和36年10月1日  日野市教育員会
日野八坂神社本殿
八幡神社
祭神は応神天皇、配祀 市杵島姫命・宇賀神御魂神、享保十八年当所の住人谷源蔵、佐藤藤七の本願によって講中土方新八郎ほか四名と共に鶴岡八幡宮を勧請したものと云われる。大正十二年に境内内の厳島神社を合祀した。社殿は本殿拝殿並立てで間口二間半、奥行き二間、流造、亜鉛板葺、昭和三年改築
 日野八坂神社八幡社

日野八坂神社八幡社内

日野八坂神社青面金剛像掲示日野八坂神社弁財天像掲示
山王社
日野八坂神社山王社
ふで塚
日野八坂神社筆塚
絵馬掛け
日野八坂神社絵馬掛け日野八坂神社絵馬 
神輿庫
倉庫造(石造)間口三間、奥行三間半。神輿は総檜造り、平野治助・池田三吉ほか作
日野八坂神社神輿庫
神輿渡御の様子
例大祭は毎年九月の老人の碑を最終日とした三日間行われます。
日野八坂神社宮出し
千貫神輿と呼ばれる神社神輿の渡御は都内、近県でも有数な神事で、絢爛豪華な祭り絵巻を繰り広げます。神輿は明治十三年(1880)に彫刻師平野治助能継、建具師池田三吉等により建造されたもので、総檜造。屋根は延屋根型、四方に蕨手を付し、早退を精緻な彫刻で飾るなど、その彫刻日は関東でも屈指と云われています。
日野八坂神社宮出し1

日野八坂神社境内の石祠

日野八坂神社石碑
天然理心流奉納額
 欅の一枚板(縦四十七センチ、横九十センチ)で大小二本の木刀が架けられています。その墨書の文字は、上に大きく右から「奉納」とあり、はじめに「天然理心流」、次に「近藤周介、 藤原邦武」さらに「門人」と書き、井上松五郎一俊、佐藤僖四郎信嘉、原孝之助胤正、井上源三郎一重、庵浅井平助一徳、井上源五兵衛一武、中村忠三郎高正、田倉藤十郎義明、古谷三之助義住、小島文五郎重輝、高木平次郎知衡、加藤亀吉光久、と読むことができます。次に、「発起」と上から書いてあり、馬場兵助源武忠、中村太吉郎藤原満道、谷定次郎源政泰、谷七郎源晴国、佐藤東三郎藤原徳連、渡辺正三郎藤原盛正、沖田惣次郎藤原春政、そして次に少し高く「嶋崎勇藤原義武」とあって、最後にずっと高く「千時保政五戊午仲秋」と書いてあります。安政五年は西暦一八五八年仲秋は旧暦の八月です。
 今わかるその時の満年齢は佐藤彦五郎が三十一、芳三郎が三十三、井上源三郎が二十九、高木長次郎が二十一、中村太吉が十九、沖田惣次郎が十六、嶋崎(近藤)勇が二十四歳と思われます。師範の近藤周助および養子の勇を除いて、みんな日野宿のものらしく、土方歳三(二十三歳)は、その当時は近くの石田村の村人なので書いてありません。また、土方の正式入門は安政六年三月九日との事です。嶋崎勇は旧姓は宮川ですが、近藤周介の実家(嶋崎家)に入り、のちに近藤勇を名乗り、天然心理流宗家四代目を継ぎました。佐藤彦五郎は日野宿名主であり、日野に同情を建て、土方歳三の姉を妻としています。井上源三郎は新選組六番隊長です。沖田惣次郎は総司のことで、新選組一番隊長であり天才剣士として有名です。
天然理心流奉納額掲示

甲州道中分間延絵図
社務所
日野八坂神社社務所
御朱印
御朱印は社務所でいただきました。境内社の八幡社と兼務社の日野宮神社の御朱印も頂けるようになりました。初穂料はそれぞれ300円です。境内社日枝神社の御朱印も頂けるようになっていました。
八坂神社御朱印日野八坂神社御朱印(新)
境内社日野宮神社
日野八坂神社八幡社御朱印日野宮神社御朱印
境内社四月五月
八坂神社境内社日枝神社御朱印八坂神社四月五月御朱印


2017/4/8 境内社日枝神社の御朱印と四月五月の御朱印をアップしました。

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 神社御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png 神事
総もくじ 3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【多賀神社】へ  【宝泉寺 新選組井上源三郎菩提寺】へ

~ Comment ~

管理人のみ閲覧できます

このコメントは管理人のみ閲覧できます

早速行ってくれたんですね?
可愛いですよね?

これからも、参考にしていますので頑張って下さい。
管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【多賀神社】へ
  • 【宝泉寺 新選組井上源三郎菩提寺】へ