Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

日吉八王子神社

 ←産千代稲荷神社 →牛天神北野神社 例大祭
日吉八王子神社
八王子市日吉8-20 電話:0426-22-7634 最寄駅:JR中央線「西八王子」
日吉八王子神社社頭

由緒

御祭神   國狭槌尊(くにのさづちのみこと)、大山咋命(おおやまくいのみこと)
       八王子八柱神(はちおうじやはしらのかみ)、素戔嗚尊(すさのおのみこと)

例大祭

 日吉八王子神社の創建は、天慶三年(940、平安時代中期)、一尺一寸の戴冠立像「國狭槌尊(文禄二年作、日吉大社 山王七社の第四社である八王子宮の御祭神で土地の神)像を祀っている。成立ちは、天性二年(1574)初夏、滝山蔵王宮の別当であった大阿闍梨法印の天神坊高盛は北条氏照の名を受け、滋賀県大津市の日吉山王七社中の八王子権現(天神七代の第二代國狭槌尊と同神)を八王子城に奉斎し、氏照は八王子城の祈願所とし、八王子権現は一時中絶したが、文禄二年(1593)、御陣貝役(城で陣触れの法螺貝を吹く役)を務めていた法印の嶋之防宿(現日吉町)の社祠を再興、八王子城の八王子権現(國狭槌尊)を勧請し、日吉山王八王子明神社と称した。これにより由井領山根九万石、七十五ヶ村の総鎮守となり、八王子十五組宿の祈願所にもなった。寛文七年(1667)五月、代官の高室四郎左衛門らにより社殿が再建、明治二年(1869)、同三十五年(1902)、昭和十六年(1941)にも社殿の再建・改築が行われている。その後社名は明治維新の神仏分離令により、日吉八王子神社となった。また、八王子の地名は、八王子権現を奉ったこの神社から起こったとも伝えられる。


日吉八王子神社由緒書

日吉八王子神社鳥居

日吉八王子神社拝殿前  
天水桶
日吉八王子神社天水桶(左)日吉八王子神社天水桶(右)
拝殿
日吉八王子神社拝殿

日吉八王子神社彫刻1日吉八王子神社彫刻(中)日吉八王子神社彫刻2

日吉八王子神社社殿(右)
本殿
日吉八王子神社本殿
伏見稲荷神社
日吉八王子神社伏見稲荷神社日吉八王子神社境内社
あゆ塚
日吉八幡神社あゆ塚掲示日吉八幡神社あゆ塚
社務所案内図
日吉八王子神社社務所案内図
社務所
日吉八王子神社社務所
御朱印
御朱印は社務所でいただきました。
日吉八王子神社御朱印
多摩地区の神社御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【産千代稲荷神社】へ  【牛天神北野神社 例大祭】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【産千代稲荷神社】へ
  • 【牛天神北野神社 例大祭】へ