Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

石浦神社

 ←牛天神北野神社 端午の節句御朱印 →平河天満宮 端午の節句御朱印
石浦神社
石川県金沢市本多町3-1-30 電話:076-231-3314 最寄駅:JR「金沢」
ホームページ

石浦神社拝殿

御祭神   大物主大神、大山咋大神、菊理媛大神、天照皇大神、天兒屋根大神、市杵島姫大神、誉田別大神
       広坂稲荷神社御祭神   宇迦之御魂神、蛭子神、木乃花咲耶姫

例祭    春季祭5月1日、2日、3日

 近年の調査により二二〇〇年前に創建され、越乃三輪神社として下石浦村(現・長町)に社祠を建てたのが当社の由緒である。天平年間(729~745)のこと、諸国をめぐりさまざまな寺院や道場を造営し、開眼供養(仏に魂を入れること)をしていた行基(奈良時代の高僧)が、近江国高嶋三尾山崎より流れ着いた霊木から三体の観音様(長谷観音)を彫ったという。そして、第一番所として大和国長谷寺に、第二番所として加州石浦長谷寺(=当社)に、第三番所として相州鎌倉長谷寺に祀ったのである。天正八年(1580)、佐久間盛政が一向一揆の拠点である金沢御坊を攻略した時、兵火に遭い、ことごとく焼失してしまう。御神体と仏像を合祀していたが、本地仏十一面観音は小立野の山崎村の愛宕社に安置し、その後、卯辰山の観音院に移したのである。
 慶長六年(1601)、二代藩主・前田利長公から本多町に社地六百四歩を賜わった。そあいてその翌年の三月二十九日、一向一揆の首領であった山本若狭守家芸が拠点としていたといわれる上石浦村(今の下本多町三丁)の旧石浦砦跡地の社殿を再興し、ようやく石浦村に帰座したのである。元和元年(1615)、その地が藩老本多阿波守の下屋敷となった際に邸地内に編入され寛永年間(1624~1644)には、長谷山慈光院と改め、別当社僧が奉仕していた。寛政三年(1743)の十二月には、社地百七十歩が加増され、七百余歩となった。当社は金沢城内地の産土神として、また城の鎮守神として、歴代藩主の崇敬が厚かった。たとえば、二代藩主利長公は社殿を再建され、また五代藩主綱紀公のときは若君誕生に際し、安産を祈願された。ちなみにそれ以降、安産の神としても人々から厚く信仰されるようになったようだ。また家老も同様で、藩老五万石の本田氏は、当社がもとは下屋敷地内にあったため、祈祷所となした。さらに、初代本多守政重氏は寛永十八年(1641)に二百両を当社に寄進し、社殿の再建・造営を行うなどした。そのように別格の崇敬・奉賽を受けたようだ。
 元来、当社は三輪神社として大神神社の主神、大物主大神を奉斎してきたが、本地仏である十一面観音に圧倒され、慈光院(俗称ジクイン)の俗称により世人からは寺院として知られ、三輪神社の社号が忘れられるようになった。そのため、三輪神社の社号を潜称して、式内社にしようとする神社も出現した。しかし、当社が延喜式内社三輪神社であることは、承応二年(1653)六月二十六日書写の『加賀国式内等旧社記』に「三輪神社。式内一座石浦郷石浦村鎮座称石浦山王石浦郷七箇村惣社今属石川郡也」と、記されていることからも明らかである。その後、明治維新の神仏分離令により、明治元年(1868)十二月に、氏子地の石浦の郷名をとって石浦神社と改称し、明治十三年(1880)九月、下本多町から広坂通り百十二番地の現在地に移転した。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【牛天神北野神社 端午の節句御朱印】へ  【平河天満宮 端午の節句御朱印】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【牛天神北野神社 端午の節句御朱印】へ
  • 【平河天満宮 端午の節句御朱印】へ