Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

御利益

縁切榎大六天神 悪縁を切り良縁を結ぶ

 ←大国神社 桜と大国うさぎの御朱印 →櫻木神社 さくらの日限定御朱印
縁切榎大六天神 善縁をむすび悪縁をたつ
板橋区板橋本町18-9 電話: 最寄駅:都営三田線「板橋本町」 
縁切榎(右)

縁切榎(板橋区登録文化財)
 江戸時代には、この場所の道を挟んだ向かい側に旗本近藤登之助の抱屋敷(かかえやしき)がありました。その垣根の際には榎と月の古木があり、そのうちの榎がいつの頃からか縁切榎と呼ばれるようになりました。そして、嫁入りの際には、縁が短くなることを恐れ、その下を通らなかったといいます。板橋宿中塾の名主であった飯田侃家の古文書によると、文久元年(1861)の和宮(かずのみや)下向の際には、五十宮(いそのみや)などの姫君下向の例にならい、榎を避けるために迂回路がつくられています。そのルートは、中山道が現在の環状七号線と交差する辺りから、練馬道(富士見街道)、日曜寺門前、愛染通りを経て、板橋宿上宿へ至る約一キロメートルの道のりでした。なお、この時に榎を菰で覆ったとする伝承は、その際に出された、不浄なものを筵(みしろ)で覆うことと命じた触書の内容が伝わったものと考えられます。男女の悪縁を切りたい時や、断酒を願う時に、この榎の樹皮を削ぎとり煎じ、ひそかに飲ませるとその願いが成就するとされ、霊験あらたかな神木として庶民の信仰を集めました。また、近代以降は難病との縁切りや、良縁を結ぶという信仰も広がり、現在も板橋宿の名所として親しまれています。(板橋区教育委員会)

縁切榎掲示
社頭
縁切榎参道
石碑
史跡縁切榎石碑

縁切榎幟 
第六天神鳥居
縁切榎第六天神鳥居
先代の榎
縁切榎先代の榎石碑

縁切榎大六天神社 
石碑
縁切榎石碑

縁切榎絵馬掛け
絵馬お焚き上げの写真
双葉氷川神社で大晦日に行われた絵馬お焚き上げの写真がありました。
縁切榎双葉氷川神社でお焚き上げ
絵馬
縁切榎絵馬1縁切榎絵馬2
絵馬販売のお知らせ
境内には授与所はありません、絵馬は近くの榎大六天神奉斎会の店舗で販売されています。
縁切榎絵馬販売のお知らせ
ガチャポン
お守りは完売でした。
縁切榎ガチャポン
大六天神背面
縁切榎第六天神社殿裏縁切榎第六天神背面
大六天神幟
縁切榎大六天神幟
長寿庵
縁切榎の右手に「名物榎そば」の幟が立っている「長寿庵」があります。絵馬は午後14時~19時に販売されます(木曜定休)。八百善では午前10時~午後6時(日曜定休)に絵馬が販売されています。
縁切榎と長寿庵長寿庵入口
御朱印は頂けませんでした。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【大国神社 桜と大国うさぎの御朱印】へ  【櫻木神社 さくらの日限定御朱印】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【大国神社 桜と大国うさぎの御朱印】へ
  • 【櫻木神社 さくらの日限定御朱印】へ