Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

御朱印を頂けなかった寺社

民部稲荷神社

 ←川越熊野神社 境内社厳島神社御朱印 →雪塚稲荷神社
民部稲荷神社
埼玉県川越市新富町2-6-1  電話:049-222-1396(川越八幡神社
最寄駅:西武新宿線「本川越」、JR川越線・東武東上線「川越」、東武東上線「川越市」
民部稲荷神社鳥居



由緒

御祭神   倉稲魂神(うがのみたまのかみ)

例大祭

 昔、多摩郡八王子在の寺の小僧が毎晩西の方、七、八町先にある民部様のお屋敷に遊びに出掛けた。その方角はどこまでも山つづきでお屋敷などないのに変だと思った住職は、その民部様を一度この寺にお連れ申せよと小僧に命じた。やがて民部様は駕篭に乗り中に、三人の供を連れてやってきた。よもやまの話の末、民部がしきりに相撲自慢をするので住職もそれなら寺の坊主たちと民部の若党たちと相撲を取らせようということになった。さてやってみると民部側はみな小兵なのに滅法強く、寺の坊主たちはさんざんに打ち負かされたが翌くる日見ると相撲を取った後に赤い毛や白い毛が沢山散らばっていた。
 こうして正体を見破られた民部狐はもはや人界の交わりも適わぬため東北十三里ばかりの入間郡川越の梵心山(ぼんしんやま)に移ることになった。そして訪ねてきた寺の小僧に涙ながらに別れを告げ、お礼だといって盆の上に山のように積んだ小判を差し出した。
 これが、元梵心町(現在新富町二丁目)にあった民部稲荷の伝説で、昔からこのお荷さまを信仰すれば必ずお金持ちになるといわれまた打ち身挫きにも霊験あらたかで、お礼には相撲の絵馬をあげる習わしであった。この由緒あるお稲荷様の新社屋造営を機会に地域自治会と丸広百貨店が相談のうえ丸広百貨店屋上に御遷座申し上げ、家内安全、商売繁盛のお稲荷様として末永く奉祀することとなった。(掲示より) 

民部稲荷神社由来

民部稲荷神社(右)

民部稲荷神社水盤

民部稲荷神社由緒板

民部稲荷神社祠
今回は御朱印を頂けませんでした。相撲絵馬、お守りは川越八幡神社で授与されます。 



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【川越熊野神社 境内社厳島神社御朱印】へ  【雪塚稲荷神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【川越熊野神社 境内社厳島神社御朱印】へ
  • 【雪塚稲荷神社】へ