Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

神社御朱印

野田愛宕神社

 ←櫻木神社 一月限定の御朱印 →野田須賀神社
野田愛宕神社
千葉県野田市野田725 電話: 最寄駅:東武野田線「愛宕」
野田愛宕神社社頭




由緒


御祭神   迦具土命(かぐつちのみこと)   

例大祭

 創建は延長元年(923)、社殿様式権現造り木造銅板葺き
野田開墾の後、火の災難を防禦せんが為、山城國愛宕郡愛宕(現在の京都市右京区)の里からこの地に、迦具土命の御分霊を遷奉りて氏神とした。時に延長元年(623)であります。迦具土命は雷神を祀り、防火を司る神様であります。依って野田郷開墾後、郷内に勢力を伸ばし始めた土豪(農兵)等の間に争いなどがあり、山火事ばかりでなく兵火の心配も多く故に火伏の神を祀ったと伝えられています。迦具土の「カグ」とは火の輝くこと「ツチ」とはその霊力のことであり、この神名は火の輝くお力について言ったものであります。また火霊神(ほむすびのかみ)とも言われ、火が万物を生み育てる力の根源である霊力を称えた名であります。古代の農耕守護、五穀豊穣の神様であります。他に、愛児(あたご)様と申しまして安産子供の成長、生育の神様でもあらせられます。
野田愛宕神社由緒掲示

野田のつく舞
利根川の中・下流域に伝わっている雨乞いの民俗芸能。昭和8年の調査によると、野田地方では、享和二年(1802)の夏に大干魃(だいかんばつ)があり、その際、当時の野田町や山崎村で行われた雨乞いの行事が最初で、文政元年(1818)愛宕神社の祭礼において始めて津久舞(つくまい)として演じられたという。現在では、14.5mほどの柱の頂上に醤油樽が付けられ、雨蛙姿に扮装した「ジュウジロサン」と呼ばれる津久男が、お囃子につれて正体・横体・逆体と曲芸を演じながら登る。頂上の樽の上に立って破魔矢を四方に射つ神事を行い、そのあと綱渡りの離れ業で下降する。現在コのつく舞は、七月に行われる夏祭りの中日にとりおこなわれているが、かつての旧野田町上・中・下の各組が毎年交代でツクバネバンと呼ばれる行事役になって行われ、今日まで伝えられてきたものである。
野田のつく舞掲示

東鳥居
野田愛宕神社東鳥居

社号標
野田愛宕神社社号標

手水舎
野田愛宕神社手水舎

社殿
 現在の本殿は文政七年(1824)に十一年の歳月をかけて再建されたもので、入母屋造りの三間社、正面千鳥破風付、軒唐破風付、向拝一間、銅板葺きで、壁や柱のいたるところに精巧な彫刻が透かし彫りで描かれています。大工の棟梁は、武州川俣村の三邑吉左衛門正利と野田町の荒川喜兵衛正幸、彫物師は武州勢多郡花輪の石原常八主信といわれています。江戸時代末期の社寺建築の特徴を遺憾なく発揮された貴重な建造物で千葉県有形文化財に指定されています。
野田愛宕神社拝殿
正面
正面は桟唐戸。向拝の柱の懸鼻には獅子、組物の龍の彫刻があります。
野田愛宕神社本殿正面

社殿東側面
東側面の羽目板の彫刻は、桟唐戸・天岩戸の前で踊る天宇受売命・岩戸を開く手力雄命。脇障子の表には雲に滝中の鷲、裏には滝に龍の彫刻があります。

野田愛宕神社本殿右側面

社殿背面
背面の羽目板には、龍を頭にのせる仙人・弾琴の弁天と龍・神功皇后三韓征伐の彫刻があります。腰羽目板には軍鶏を籠に追いやる唐子・闘鶏を見る唐子・鳥に餌をやる唐子の彫刻があります。
野田愛宕神社本殿背面

社殿西側面
社殿西側には、桟唐戸・逃げる熊襲・草薙剣で熊襲を払う大和武尊。脇障子の表には牡丹に孔雀、裏には牡丹に唐獅子、腰羽目板には相撲を取る唐子・魚取りをする唐子・獅子舞をする唐子の彫刻があります。
野田愛宕神社本殿左側面

脇社
野田愛宕神社脇社

境内社鳥居
境内左手奥に境内社の鳥居があります。
野田愛宕神社境内社鳥居

稲荷神社
野田愛宕神社稲荷神社

秋葉神社・三峰神社
野田愛宕神社秋葉神社三峰神社

松尾大神
野田愛宕神社松尾大神石碑

本殿裏の石碑
野田愛宕神社社殿裏の石碑

境内社
左から疱瘡神、天満宮、秋葉山が祀られています。
野田愛宕神社境内社

大鳥神社
野田愛宕神社大鳥神社

松尾芭蕉句碑

東鳥居を潜って左手に松尾芭蕉の句碑があります。文政十一年(1828)十月野田で三番目に古い句碑です。 百年の気し幾を庭能落葉可那 「百年の気しきを庭の落葉かな」

野田愛宕神社松尾芭蕉句碑

力石
野田に醤油が発祥した永禄時代から醤油圧搾に重石が使われました。宝暦六年(1756)飯田氏奉納の石は、千葉県で一番重いものです。 昔、力自慢の若い衆が石を肩まで持ち上げて競い合い、誰が持ち上げたかを石に名を刻んで奉納したものだと云われています。
野田愛宕神社力石

愛宕大権現石灯籠
享和二年(1802)「愛宕大権現氏子中」と刻んであり、かつて愛宕神社が愛宕大権現と称されていたと確認できるものです。
野田愛宕神社愛宕大権現石灯籠

神楽殿
野田愛宕神社神楽殿

授与所
野田愛宕神社授与所

社務所
境内左手に社務所があります。
野田愛宕神社社務所

御朱印
御朱印は櫻木神社でいただきました。




もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【櫻木神社 一月限定の御朱印】へ  【野田須賀神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【櫻木神社 一月限定の御朱印】へ
  • 【野田須賀神社】へ