Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

良観寺

 ←真勝院 →期間限定の御朱印集 寺院(19)
良観寺
葛飾区柴又3-33-13 電話:03-3567-7685 最寄駅:京成金町線「柴又」

良観寺山門

縁起


宗派   真言宗

本尊   聖観世音菩薩立像

札所   南葛八十八ヶ所霊場の52番、新四国四箇領八十八ヵ所霊場29番、柴又七福神

 良観寺は、弘誓山観音院と号します。創建年代は不詳ですが、室町時代末期から江戸時代初期にかけての間に念仏堂として建立されていたと考えられ、その後両観寺・了観寺として一寺となっていたといいます。柴又七福神のうちの宝袋尊、江戸川七福神の布袋尊、また南葛八十八ヶ所霊場の52番、新四国四箇領八十八ヵ所霊場29番です。お腹に両手を願掛けを祈る宝袋尊があります。 
良観寺観世音石碑 

本堂

良観寺寺本堂


財福寶袋尊
 江戸時代の初期に、商人の何某が都からの帰りに、山中で日が暮れ、そのうちに真の闇夜となり難儀に陥っていると、ひとりの猟師が松明を燃やして通に行き会ったので、これに導かれて民家に宿を借り有難い一夜を明かした。やがて夜が明けてみると、民家と思ったのは大木の祠の中で、猟師らしき者の姿はもとよりなかった。驚いて祠の中を見渡すと、一段と高いところにある小さな穴から一条の光がさして、商人を招いているようであった。恐る恐る近づいて見ると、朝の陽を背にした『布袋尊』がこちらを向いておられた。不思議に思い、尊像を店に持ち帰り、一夜の宿は布袋様のお恵みで誠に有難い事だと、日夜そのお陰を感謝し礼拝すると、商いは前にも増して大いに繁盛した。これは布袋様のご利益と喜び、一心に礼拝した。その話を伝え聞いた人々は、その店に詰めかけ布袋様のご利益にあずかろうとした。 こうして、いつしか誰となく『寶袋尊』と称するようになり、屋号も寶袋屋と呼ばれ大変繁盛した。寶袋様を独り占めにしていたのでは畏れ多い、これほどのご利益ならば、大勢の人々のお役に立てたいと発願し、『尻手の観音さま』として知られていた当良観寺に奉納された。惜しくも昭和二十年十二月の空襲により焼夷弾の直撃を受け本堂を始め全伽藍が灰塵に帰した。本尊の『尻手の観音さま』は救出したが、その寶袋尊は焼失した。後に尊像を新たに造立し今日に至っている。
 良観寺布袋尊像

良観寺布袋尊石像 
良観寺布袋尊立像 

良観寺七福神石像 
水子地蔵尊
良観寺水子地蔵 
やすらぎの地蔵尊
良観寺子育て安らぎ地蔵良観寺子育て安らぎ地蔵(奥)
六地蔵尊
良観寺六地蔵 

良観寺納経堂 

良観寺石仏 

良観寺〇〇堂 
寺務所
良観寺御朱印所 



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【真勝院】へ  【期間限定の御朱印集 寺院(19)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【真勝院】へ
  • 【期間限定の御朱印集 寺院(19)】へ