Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

チョット珍しい物がある神社

願行寺 縛り地蔵

 ←品川区の神社(93) →福徳神社 元旦
願行寺 縛り地蔵
品川区南品川2-1-12 電話: 最寄駅:京浜急行「新馬場」南口1分

願行寺山門

縁起


宗派   浄土宗

本尊   阿弥陀三尊

 寺伝によれば、寛正3年(1462)の頃、一人の念仏聖が品川の海辺に草庵を結んで念仏を唱えていた。これが当山のはじまりである。それから十年位の後に、開山の観誉祐祟上人が其草庵を今の場所に移して一宇を建立した。
開山の祐祟上人は鎌倉材木座の光明寺第8世に当たり、日本中に三十三箇寺を建立したと云われており、古くから真如堂で行われていた十日十夜の法要を関東に伝えたのである。天台宗の行事を浄土宗に伝えるという事は、その頃としては容易ではなかった。当山はその最初の道場である。
その後寛永年間幕府の侍医法印坂寿三が、将軍義光から賜った隠居地2000歩を縁故の深かった時の住職に寄進し、寺域は倍になった。境内には明治初年まで顕正院など4ヶ寺の末寺があった。元禄と享保の2回にわたり火事によって類焼し、文化年間に再建されたのが現在の本堂である。
 願行寺は、鎌倉光明寺八世長蓮社観誉祐崇(かんよゆうそう1426~1509)によって開創されたが、行基菩薩が開基であるという伝説も残っている。寺伝によると、室町時代末の寛政三年(1462)頃、ひとりの念仏聖が品川の海辺に草庵を結んで念仏を唱えていたが、その後、文明年間(1467~87)末に、開山である観誉祐崇がその草庵を現在地に移して一宇を建立したと伝えている。
 同寺の文書は、「十夜縁起」「本尊縁起」に「願行寺古文書」の計三巻十八点からなる。そのうちの「十夜縁起」は浄土宗信仰における十夜法要に基づくものであり、弘治三年(1557)編述した縁起を、元禄二年(1689)に知恩院(京都・浄土宗総本山)と光明寺に奧書を求めたものである。同縁起には、十夜法要の由来と願行寺の由緒についても記述されており、他の「本尊縁起」や願行寺等々の記録を中心とした「願行寺古文書」を含め、近世仏教史上だけでなく地域資料としても貴重である。(品川区教育委員会)
願行寺文書掲示

願行寺石標

願行寺境内

願行寺本堂(右)

願行寺本堂

願行寺扁額

法界堂(永代供養堂)
願行寺法界堂

石碑
願行寺石碑

縛り地蔵
子の地蔵尊は正応元年(1652)に造立されたと伝わる。大井村の土佐山(現在の東大井・鮫洲駅付近辺)に下屋敷があった松平土佐守・ヤマウ付の奥方から代々帰依を受けた地蔵尊である。『新編武蔵風土記』巻五十四の「願行寺」の項には、「里人しばり地蔵という。病を祈るもの縄に手しばれば験あり 十夜に至って和尚縄を解く、その後またしばり初むと云」とある。地蔵尊はわが身を縛られることで病や災難に苦しむ物の身代わりとなり、その苦しみを引受けて下さるのである。いつの頃からか、お首を一つそっと持ち帰り毎日お祈りをして願いが叶ったらお首を二つにしてお返しするなどの願の掛け方も行われるようになった。心からその慈悲にすがる人々には霊験あらたかであった数々の話が伝わる。(境内掲示より)

願行寺縛り地蔵掲示
葛飾区の南蔵院、文京区茗荷谷の林泉寺にも縛られ地蔵があります。
願行寺縛られ地蔵堂
しばり地蔵の後ろにはたくさんお首が置かれています。
願行寺縛り地蔵

願行寺縛り地蔵とお首

庫裏
願行寺庫裏

御朱印をお願いしましたが、御朱印はやっていないそうです。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【品川区の神社(93)】へ  【福徳神社 元旦】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【品川区の神社(93)】へ
  • 【福徳神社 元旦】へ