Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

チョット珍しい物がある神社

業平山南蔵院 縛られ地蔵がある寺院

 ←文京区の寺(27) →葛飾区の寺(15)
業平山南蔵院 縛られ地蔵
葛飾区東水元2-28-25 電話:03-3607-1758 最寄駅:JR常磐線「金町」、京成金町線「京成金町」
ホームページ

業平山南蔵院縛られ地蔵の頭

縁起


宗派   天台宗

本尊   釈迦如来

 南蔵院は、今より650年余前の貞和4年、林能法印によって隅田川の畔り、業平の郷に開山されました。
本堂には釈迦如来を本尊として頂き、地蔵堂には大岡政談で知られるしばられ地蔵尊を祀り、太子堂には聖徳太子尊を安置して開山以来法脈を伝えること41世に及んでおります。その間、堂塔は幾多の盛衰変遷がありました。即ち、安政の大震火災、明治維新の兵禍等にも遇い衰微しましたが大正10年第39世円順僧正が丹誠を凝らして本堂、地蔵堂、天神社等を見事再建復興されました。しかしながら、大正12年の関東大震災の厄に遇い、一山悉く灰燼に帰しました。その後、昭和4年に現在地水元に移転遷座しました。当地は聖徳寺の境内を基本として、南蔵院境内地と統合合併し、約2,000坪の境内となり、昭和43年以来10年の歳月を費やして、地蔵堂、鐘楼、本堂、太子堂を再建し、書院庫裡の結構を整えることができました。

業平山南蔵院参道

業平山南蔵院山門

業平山南蔵院山門の扁額

水屋
業平山南蔵院水屋

扁額
業平山南蔵院水屋の扁額

本堂
本堂の前には聖徳の松があります。
業平山南蔵院本堂

扁額
業平山南蔵院扁額

縛られ地蔵堂
縛られ地蔵は文京区茗荷谷の林泉寺と品川区新馬場の願行寺にはしばり地蔵があります。
業平山南蔵院縛られ地蔵堂

縛られ地蔵
頭のてっぺんまでぐるぐる巻きに縛られています。
業平山南蔵院縛られ地蔵


聖徳太子堂
縛られ地蔵堂の左に聖徳太子堂があります。
業平山南蔵院聖徳太子堂

聖徳太子堂内部
業平山南蔵院正徳太子堂内

地蔵堂
縛られ地蔵の右手に地蔵堂があります。
南蔵院地蔵堂

水子地蔵
地蔵堂の右手に水子地蔵が祭られています。
業平山南蔵院水子地蔵

水子地蔵の左にあります。
業平山南蔵院地蔵

井戸
業平山南蔵院井戸

水琴窟
さらに左に進むと水琴窟があります。瓦に水をかけて、竹筒に耳を当てると涼やかな音が聞こえます。
業平山南蔵院水琴窟

曼荼羅
さらに左に進んでいくと曼荼羅があります。
業平山南蔵院曼荼羅

藤棚
境内右手に藤棚があります。
業平山南蔵院藤棚

絵馬掛け
藤棚の左に絵馬掛けがあります。
業平山南蔵院絵馬掛け

業平山南蔵院絵馬

出世牛
絵馬掛けの左横に出世牛があります。またがると出世すると書かれています。すでにリタイアした後ですが、またがりました。
業平山南蔵院出世牛

縛られ地蔵音頭歌碑
藤棚の右手に歌碑があります。
業平山南蔵院縛られ地蔵音頭石碑

さらに右手には大きな石灯籠と石造のだるまとおにぎりがあります。
業平山南蔵院石灯籠

開運の鐘
石灯籠の右手には鐘楼があります。
業平山南蔵院鐘楼

業平山南蔵院開運の鐘

業平山南蔵院石仏

寺務所
境内左手に事務所があります。
業平山南蔵院寺務所

石像だるま
寺務所の前に石像のだるまがあります。
業平山南蔵院石像だるま

業平山南蔵院小滝上げだるま

授与所内
業平山南蔵院授与所内

金町駅にポスターがありました。
結びだるま市看板

御朱印
御朱印は書き置きです。初穂料は300円です。
南蔵院御朱印
葛飾区の寺院御朱印   チョッと珍しいものがある寺院


もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【文京区の寺(27)】へ  【葛飾区の寺(15)】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【文京区の寺(27)】へ
  • 【葛飾区の寺(15)】へ