Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

池上本門寺

 ←東京十社めぐり(10) →赤坂氷川神社
池上本門寺
大田区池上1-1-1 電話:03-3752-2331 最寄駅:東急池上線「池上」、都営浅草線「西馬込」
ホームページ
池上本門寺五重塔

縁起

宗派   日蓮宗大本山

本尊   三宝尊

札所   京浜四大本山巡り

行事   花まつり(五重塔まつり)四月第一土、日曜日

 寺格は大本山、山号を長栄山、院号を大国院、寺号を本門寺とし、古くより池上本門寺と呼ばれてきた。また日蓮聖人入滅の霊場として日蓮宗の十四霊蹟寺院のひとつとされ、七大本山のひとつにも挙げられている。
 弘安5年(1282年)9月8日、病身の日蓮は身延山を出て、湯治のために常陸(茨城県)へ向かう。9月18日に武蔵国池上郷(東京都大田区池上)の池上宗仲の館に到着。生涯最後の20数日間を過ごすこととなる。同年同月に、池上氏館の背後の山上に建立された一宇を日蓮が開堂供養し、長栄山本門寺と命名したのが池上本門寺の起源という。同年10月13日に日蓮が没すると、池上宗仲は法華経の字数(69,384)に合わせて六万九千三八四坪を寺領として寄進し寺院の基礎が築かれ、以来「池上本門寺」と呼びならわされている[2]。その後は日蓮の弟子・日朗が本門寺を継承した。
 池上氏館の居館部分は本門寺西側の谷の一帯にあったと考えられており、現在は、1276年(建治2年)建立された池上氏館内の持仏堂(法華堂)を起源とする本門寺の子院・大坊本行寺の境内となっている。本門寺は、鎌倉・室町時代を通じて関東武士の庇護を受け、近世に入ってからも加藤清正や紀伊徳川家等諸侯の祈願寺となり栄えた。
 江戸時代、不受不施派を奉ずる本門寺は、身池対論を経て久遠寺の傘下に収まった。第二次世界大戦の空襲によって五重塔、総門、経蔵、宝塔を除く堂宇を焼失したが、戦後順次復興した。
参道
池上本門寺参道
総門
元禄年間(17世紀末~18世紀初め)の建立と伝える。「本門寺」と刻された扁額本阿弥光悦の筆によるもので、現在掲げられている額は複製。オリジナルは霊宝殿に収蔵され常設展示されている。池上本門寺総門
此経難持坂
池上本門寺の表参道96段の石段坂。石段は、慶長年間に加藤清正が寄進したものと伝えられている。法華経宝塔品の偈文の96文字にちなんで石段を96段とし、偈文の文頭の文字をとって坂名としている。
池上本門寺石段
日蓮上人像
池上本門寺日蓮上人像
長榮堂
当山の守護神「長栄大威徳天」を奉安している。現在の堂は昭和34年に再建された。毎月22日が縁日で、正月・5月・9月には大祭を行っている。
池上本門寺長榮堂
長榮堂内
池上本門寺長榮堂内
仁王門
大堂正面に建つ二重門。旧国宝の山門は、1945年(昭和20年)空襲で焼失。仁王門として1977年(昭和52年)に再建された。門内には彫刻家圓鍔勝三が、アントニオ猪木をモデルに制作した仁王像が安置されたが、近年修理を機に本殿内に移設。新たに仏師原田佳美作の仁王像が2001年(平成13)10月に開眼供養が行われ奉られている。
池上本門寺仁王門
日朝堂
祀られる
日朝は身延山11世で61歳の時に失明したが後に視力を回復したことから眼病平癒、学業成就の利益があるとされている。
池上本門寺常照堂
浄行菩薩堂
池上本門寺浄行菩薩堂池上本門寺浄行菩薩像
日朝堂
池上本門寺常唱堂池上本門寺常唱堂内
梵鐘
池上本門寺梵鐘
鐘楼
池上本門寺桜と鐘楼
霊宝殿
池上本門寺霊宝殿

池上本門寺霊宝殿前の石碑
水屋
池上本門寺水屋
大堂
「祖師堂」ともいう。旧大堂は、本門寺14世日詔の時代の1606年(慶長11年)加藤清正が母の七回忌追善供養のため建立したが、1619年(元和5年)に焼失。1628年(寛永6年)本門寺復歴16世日樹の代に金1万両を用いてほぼ旧規模に再建された。1710年(宝永7年)再び焼失。本門寺24世日等時代の1723年(享保8年)8代将軍徳川吉宗の用材寄進により、規模を縮小の上再建された。この3代目の大堂は、1945年(昭和20年)4月の空襲により焼失。1948年(昭和23年)仮祖師堂と宗祖奉安塔を建設。その後、本門寺79世伊藤日定が中心となり全国檀信徒の寄進を受け、1964年(昭和39年)現在の大堂を再建した。この際仮祖師堂は取り壊され、宗祖奉安塔は経蔵を北側へ移動させた上でその南側隣に移築された(現在の霊宝殿の位置)。現在の大堂は、鉄筋コンクリート造で屋根は入母屋造。高さ27メートルの大建築である。第二次大戦の空襲で焼失した旧堂には本阿弥光悦の筆になる「祖師堂」の扁額が掲げられていた(戦災で焼失)。再建後は本門寺80世金子日威が揮毫した「大堂」の扁額がかかる。

池上本門寺大堂
扁額
本門寺80世金子日威が揮毫した「大堂」の扁額
池上本門寺大殿扁額
経蔵
池上本門寺経堂池上本門寺経堂内
五重塔
高さ31.8メートル。空襲による焼失をまぬがれた貴重な古建築の1つで、江戸幕府2代将軍徳川秀忠の乳母である岡部局(大姥局)(正心院日幸尼)の発願により、1608年(慶長13年)に建立された。
池上本門寺五重塔
前田利家室の層搭
池上本門寺前田利家室の層搭
奉安塔
池上本門寺奉安塔
力道山の碑
池上本門寺力道山の碑前
池上本門寺力道山の碑池上本門寺力道山の像
五重塔まつりの様子
毎年四月第一土・日曜日に五重塔まつり、花まつりが行われ、二日間限定で五重塔が開帳されます。
池上本門寺五重塔祭り本堂前

池が茂本門寺五重塔祭り御祈祷
御首題帳
オリジナルではないようです。日蓮専用に御首題帳と書いていただきました。サイズ11cm×16cm
池上本門寺御主題帳
御主題
御首題京浜四大本山巡り
池上本門寺御首題池上本門寺御朱印
五重塔まつり
池上本門寺五重塔御開帳御首題池上本門寺五重塔御開帳御朱印


2016/4/2 画像を追加、五重塔まつりの御朱印をアップしました。

もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【東京十社めぐり(10)】へ  【赤坂氷川神社】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【東京十社めぐり(10)】へ
  • 【赤坂氷川神社】へ