Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

「○○ゆかりの寺社」
○○ゆかりの寺院

柴又帝釈天 男はつらいよゆかりの寺院

 ←東禅寺 →深大寺
柴又帝釈天
葛飾区柴又7-10-3 電話:03-3657-2886 最寄駅:京成「柴又」
ホームページ

帝釈天参道


縁起
宗派   日蓮宗

本尊   大曼荼羅

江戸時代初期の寛永6年(1629年)に、禅那院日忠および題経院日栄という2名の僧によって開創された日蓮宗寺院である。18世紀末、9世住職の日敬(にっきょう)の頃から当寺の帝釈天が信仰を集めるようになり、「柴又帝釈天」として知られるようになった。帝釈天の縁日は庚申の日とされ、庚申信仰とも関連して多くの参詣人を集めるようになった。

近代以降も夏目漱石の『彼岸過迄』を始め、多くの文芸作品に登場し、東京近郊(当時は東京ではなかった)の名所として扱われた。20世紀後半以降は、人気映画シリーズ『男はつらいよ』の渥美清演じる主人公・車寅次郎(寅さん)ゆかりの寺として知られるようになる。年始や庚申の日(縁日)は非常に賑わい、映画『男はつらいよ』シリーズ制作中は、観光バスの団体客が大勢訪れたこともあるが、同シリーズの終了に伴い、参拝客、観光客が年々減少している。

「柴又帝釈天」の通称で専ら呼ばれるところから、帝釈天が当寺の本尊と思われがちだが、日蓮宗寺院としての本尊は、帝釈堂の隣の祖師堂に安置する「大曼荼羅」(中央に「南無妙法蓮華経」の題目を大書し、その周囲に諸々の仏、菩薩、天、神などの名を書したもの)である。また、当寺が柴又七福神のうちの毘沙門天にあたることから、「帝釈天=毘沙門天」と解説する資料が散見されるが、帝釈天と毘沙門天はその起源を全く異にする別々の尊格であり、柴又七福神の毘沙門天は、帝釈天の脇に安置される多聞天(別名毘沙門天)を指すと解される。


題目碑
帝釈天参道の題目碑 

二天門

帝釈天山門

帝釈天門

南大門 

帝釈天南大門

浄行菩薩像
帝釈天浄行菩薩 

御神水
帝釈天御神水 

釈天堂
帝釈天本堂

本堂
帝釈天本堂 

釈迦堂
帝釈天釈迦堂 

富士親時が檀那となり奉納された観音菩薩像で、元は富士山頂に位置した下山仏です
帝釈天○○像

鐘楼
帝釈天鐘楼

鳳翔会館

帝釈天鳳翔会館
絵馬
帝釈天絵馬
寅さん
映画「男はつらいよ」ゆかりの地、「京成柴又」駅前には寅さんの銅像があり、参道の仲見世には雪駄を履いた寅さんのソックリさんがトランクを持っていました。
寅さん 柴又駅前の寅さん像

とらや
映画のロケでもつかわれました。
柴又帝釈天とらや 

柴又帝釈天参道の寅さん一行 

帝釈天賽銭箱前の寅さん一行

御朱印

帝釈天御朱印



2015/12/11 画像の追加、加筆しました。

 関連もくじ一覧 ▼ 
総もくじ 3kaku_s_L.png 神社御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png 神事
総もくじ 3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
総もくじ 3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【東禅寺】へ  【深大寺】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【東禅寺】へ
  • 【深大寺】へ