Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

宝仙寺

 ←勝国寺 →豊島第17番長命寺
宝仙寺
中野区中央2-33-3 電話:03-3371-7101 最寄駅:丸の内線「中野坂上」
ホームページ
宝仙寺仁王門前

縁起


宗派   真言宗豊山派

本尊   不動明王

札所   御府内八十八ヶ所第12番、関東三十六不動霊場

中野区でも屈指の広大な寺院で、千年近くの歴史を誇る古刹である。山号は明王山(みょうおうざん)。戦前は当時の中野町役場も置かれていた。また、著名人の葬儀・告別式も多く執り行われることでも有名な寺院である。また、節分の僧兵行列も趣き深い。
寛治年間、源義家によって現在の杉並区・阿佐ヶ谷にて開かれた。本尊は、義家が後三年の役の際に護持していた不動明王像で、良弁作と伝えられる。
また宝仙寺は、同じ杉並区の大宮八幡宮の別当寺となった。本尊は鎌倉時代には秘仏になった。室町時代になり、現在の位置に移転した(1429年)。 江戸時代には、優れた僧を出し、歴代の将軍から厚い保護を受け発展した。また、当寺院の僧侶が将軍の御前論議に参加することもあった。また将軍家が鷹狩りに出た際の休憩所としても利用された。明治期以降、境内には中野町(現在の中野区)の役場が置かれていた。戦災を被ったものの、戦後再建され、三重塔や本堂を見ることができる。
仁王門
宝仙寺仁王門
宝仙寺仁王門云像宝仙寺仁王門唖像
本堂
宝仙寺本堂
石臼塚
仁王門をくぐると左手に石臼塚があります。
宝仙寺石臼塚
石臼塚由来掲
中野区と新宿区の間を流れる神田川には江戸時代から水車が設けられて、そば粉を引く事に使われていた。そばの一大消費地となった江戸・東京に向けて玄そばが全国から中野に集められ製粉の一大拠点となり、中野から東京中のそば店に供給されたため、中野そばとまで言われるようになった。その後、機械化により使われなくなった石臼は道端に放置され見向かれなくなっていった。それを見て当山、宝仙寺第五十世住職富田學斅純大僧正(宝仙学園創立者)が、人の食のために貢献した石臼を大切に供養すべきであるとして、、境内に「石臼塚」を建て供養した。
石臼塚由来
三重塔
石臼塚の右には三重搭があります。
宝仙寺三重塔
六地蔵と見送り地蔵
三重塔と石臼塚の間の少し奥に六地蔵と見送り地蔵があります。
宝仙寺六地蔵
御影堂
三重塔の右へ進むと御影堂があります。
宝仙寺御影堂


宝仙寺聖徳太子蔵


宝仙寺石塔群
大師像
本堂左手前には弘法大師像があります。
宝仙寺弘法大師像
大師堂
大師堂は仁王門をくぐると右手にあります。
宝仙寺大師堂
大書院
本堂の右手に大書院があります。
宝仙寺寺務所
御朱印
御朱印は大書院受付で頂きました。
御府内八十八ヶ所関東三十六不動霊場
宝仙寺御府内12番御朱印宝仙寺関東不動御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【勝国寺】へ  【豊島第17番長命寺】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【勝国寺】へ
  • 【豊島第17番長命寺】へ