Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院行事・催事

能勢妙見山東京別院 水行国祷会

 ←亀戸天神 梅まつり →護国院大黒天 初甲子
能勢妙見山東京別院 水行国祷会(こくとうえ)
墨田区本所4-6-14 電話:03-3623-2484 最寄駅:JR総武線「錦糸町」、大江戸線「本所吾妻橋」

能勢妙見山東京別院山門

由緒


宗派   日蓮宗

本尊   妙見菩薩

創建   安政三年五月十一日

能勢頼直の代に江戸の下町本所に下屋敷を賜ったため、安永3(1774)年屋敷内に堂宇を建立し妙見大菩薩のご分体をお祀りしたのが始まりです。妙見山別院は明治初年には上地となりましたが、同7年に能勢頼哲が現在の地を購い寺となりました。妙見尊像は関東大震災や第二次世界大戦の厄をまぬがれ、今も能勢妙見山の東京別院として賑わっています。

水行国祷会

勝小吉と勝海舟親子の熱烈な信仰を得ていたことで有名な日蓮宗霊場、能勢妙見山東京別院では毎年2月15日には国家安泰を祈願する水行国祷会が行われます。千葉県中山法華寺の荒行堂で百日間の過酷な修行を終えて来たばかりの修行僧が冷水を称えた四斗樽から手桶で水垢難を行います。さほど広くない境内には大勢の信者と見物客が訪れます。


手水舎
山門をくぐると右手に手水舎があります。
能勢妙見山東京別院手水舎


水神堂
手水舎の左に水神堂があります。
能勢妙見山水神堂


勝海舟像

山門をくぐって左手には勝海舟像があります。勝海舟が9歳の時、暴れ犬にかまれ大けがをしたときには、父小吉がこの妙見様に日々散じては水垢離(みずごり)を行い、懸命に看病したことで勝海舟が快癒したと云います。

能勢妙見山東京別院勝海舟像


法界萬霊塔
勝海舟像の右には法界萬霊塔があります。
能勢妙見山東京別院法界萬霊塔


鴎稲荷大明神
更に右手に鴎稲荷大明神があります。
能勢妙見山稲荷


本堂
能勢妙見山東京別院本堂


四斗樽
能勢妙見山東京別院水行の樽


本堂前の信者
本堂前の信者の打ち鳴らす太鼓と読経と共に庫裏から修験層が登場します。
能勢妙見山水行本堂前の観客


中山法華寺で100日間の修業を終えた修行僧が白衣をまとって樽の周りに向かいます。
能勢妙見山水行入場


白衣を脱いで樽の前に座ります。
能勢妙見山水行3


樽の前でお経を唱えます。
能勢妙見山水行前



能勢妙見山水行9


胸に水を掛けます。
能勢妙見山水行5


手桶に一杯水をくみ、一斉に体に水を掛けます。
能勢妙見山水行1


能勢妙見山水行2


水をかぶった後、樽の前にしゃがみ国家の安全を祈る水行肝文を唱えます。
能勢妙見山水行祈祷


御首題
後日、本堂で御朱印を頂きました。

能勢妙見山東京別院御朱印

水行国祷会動画   墨田区の寺院御朱印



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【亀戸天神 梅まつり】へ  【護国院大黒天 初甲子】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【亀戸天神 梅まつり】へ
  • 【護国院大黒天 初甲子】へ