Favicon.ico">

御朱印収集人

ようこそ「御朱印収集人」をお参り下さいました。あなた様は  人目の参拝者様でございます。
現在「御朱印収集人」を参拝されている方は  名様でございます。

寺院御朱印

橋場不動尊

 ←浅草名所七福神めぐり →浅草七福神のお寺御朱印
橋場不動尊
台東区橋場2-14-19 電話:03-3872-5532 最寄駅:東武スカイツリーライン「東向島」
ホームページ
橋場不動山門

縁起

宗派      天台宗

御本尊    不動明王    

 橋場不動尊の名で親しまれる当寺は、正確には砂尾山橋場寺不動院といい、天平宝字四年(760)寂昇上人によって開創されました。当初は法相宗でしたが、長寛元年(1163)に、中興の祖といわれる教円坊(一説には長円)によって、天台宗に改宗され、浅草寺の末寺となったと『文政寺社書上』に記されていますが、現在は浅草寺と本末関係はなく、比叡山延暦寺の末寺となっています。
現在の本堂は弘化二年(1845)の建立で、その古色をおびたたたずまいは、うるおいにみちています。
 橋場不動尊は、天平宝字四年、奈良東大寺大仏の建立に尽力した良弁僧正が、相州大山寺で、一刀三礼して刻まれた一木三体不動(一本の木で三体の仏像を彫る)の随一と称せられ、悪魔降伏の威想を備え、信ずる者には必ず霊験を与え給う不可思議の尊像として、古来よりご秘仏としてあがめられています。
 江戸時代には橋場寺として、周辺の三条公、有馬侯、池田備前侯等をはじめとする武家屋敷の人々の尊信を集め、現在の本堂は江戸時代の建立で、小堂ながら美しく、江戸時代の特徴をよく現しています。明治末年の大火や関東大震災、戦炎などに、不動院を中心とした橋場の一角だけは災禍を免がれたことから、「霊験あらたかな火伏せの橋場不動尊」として、信仰の的となっています。
 現在では、毎月二十八日、近隣の人々が、霊験貴き不動明王の威神力を仰ぎ、家内安全、厄災招福等々諸願成就の護摩供を厳修し、別して、正月、五月、九月の厄月には、特別大護摩を修して、信者各位の心願成就を祈念しています。

行事    浅草名所七福神巡り 1月上旬
       縁日 毎月28日

札所    関東三十六不動第二十三番

橋場不動参道
本堂
本堂は弘化二年(1845)の建立です。

橋場不動本堂 
扁額
橋場不動扁額
本堂内
橋場不動本堂内
不動明王像
本堂には不動明王像が安置されています。

橋場不動不動明王像
地蔵堂
左手奥は墓地への参道です。
橋場不動尊地蔵堂
境内
橋場不動境内
寺務所
本堂に向かって右手に事務所があります。
橋場不動寺務所
納経所

橋場不動納経所
札所
関東三十六不動霊場の二十三番札所と浅草名所七福神布袋尊です。
橋場不動関東三十六不動霊場納経所橋場不動浅草七福神看板
浅草名所七福神
布袋尊は、唐の後梁の頃(十世紀初期)の禅僧、契此がまつられたといわれます。常に笑みをたたえ、粗衣をまとい、人に乞うて受けたものを入れる大きな布袋を肩に、杖と団扇をたずさえて、居住を定めることもなく、諸国を遊行し、世に超然としてすごしたといわれます。
初詣は「浅草名所七福神詣で」により、元旦から七草まで干支絵馬つきの福笹に各社寺から授かった絵馬をさげて巡る方法がとられ、はとバスも一日に二、三回まわっています。



もくじ  3kaku_s_L.png 未分類
もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御朱印帳
もくじ  3kaku_s_L.png 珍しい御朱印
もくじ  3kaku_s_L.png 御利益
総もくじ  3kaku_s_L.png 神社御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 三社巡り
もくじ  3kaku_s_L.png 寺社祭事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png 神事
総もくじ  3kaku_s_L.png 寺院御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 札所御朱印集
もくじ  3kaku_s_L.png 寺院行事・催事
総もくじ  3kaku_s_L.png ○○ゆかりの寺社
もくじ  3kaku_s_L.png 秩父三社
【浅草名所七福神めぐり】へ  【浅草七福神のお寺御朱印】へ

~ Comment ~

管理者のみ表示。 | 非公開コメン卜投稿可能です。

~ Trackback ~

卜ラックバックURL


この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)

  • 【浅草名所七福神めぐり】へ
  • 【浅草七福神のお寺御朱印】へ